お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS カツミさん 運転会

<<   作成日時 : 2013/07/14 01:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

業務多忙が続いて実物写真撮影や模型いじりをする余裕が無いまま7月を迎えました…。
半年以上ブログの更新が無かったのは申し訳なかったのですが、体力的にも気力的にも余裕が無かったためです。
「せめてGWぐらいは…。」と切望していたのですが、毎年恒例の関西撮影旅行も棚上げの状態でした(涙

6月下旬になって多少余裕が出てきたのですが、気力的な余裕が無いまま7月に突入して、半月近く経って本当の意味での余裕が出てきました。
そこにカツミさんの運転会が開催されたので、久し振りに模型を走らせることが出来ました。

東急7200系の導入を最優先にしていたため見送り続けてきた8090系。
出先での仕事が早めに終わったので、カツミ目黒店さんを半年以上ぶりに立ち寄ったところ、下目玉の初期車が残っていました。
「多分、ここで逃すと一生手に入れられないかも知れない!」
と思い立って4両基本編成を衝動買いしました。付属の中間車4両セットを導入する余裕は流石になかったのですが…。
そして久し振りに模型いじりを楽しみ、運転会へ臨みました。不足する中間4両は以前に発売された大井町線仕様5両セットと8590系から抜き出して代用しました。
画像


この下目玉の初期車が登場したのは、私が中学生の時です。今は引退して秩父で第2の人生を送っています。
「次世代のステンレス車はコルゲーションが無いんだ!」
と試運転を撮影に行った記憶があります。異様に低い位置に設けられたライト類が新鮮で、8090系と言えば下目玉イメージがあります。後に量産された後期車では帯と同じ位置にライット類が上げられ、どちらかと言えば一般的な顔つきとなったのが残念でした。
画像


東急のステンレスカーでは7200系の次に好きな形式が8090系でした。

続いて、上田電鉄1000系を走らせました。
このキットを組んでくれた友人も喜んでくれました。
あまりにも綺麗に組んでくれたので、扱いも慎重になりましたが(笑
画像


その友人が最近になって組んだE233系東海道線仕様です。
もう職人の域で、とても真似は出来ません(汗
画像


以前「取り合えず組んだ」状態だった8500系も、整備を終えて(傾いていた車両が2両有って…:汗)走らせました。
良い出来とは思えませんが、ちゃんと走れるようになった姿は新玉川線で見た姿と重なります。
玉電廃止以降、陸の孤島となった地元に帰ってきた電車は、東急で唯一ローレル賞を受賞した女神様:8500系でした。
画像


発売された当時は細密モデルだった東急8590系。
それに手を加えて『スーパー8590系』とした方の作品です。
画像


「見える物は全て付けた」と言われていましたが、乗務員室の中まで表現されています。
表示設定器や信号炎管入れ(赤い箱)まで追加されていて…(汗
画像


鉄道模型雑誌で賞を得られた東急7600系…。
どうすれば、ここまで作り込めるのか?
画像


お世話になったので、カツミさんの宣伝(笑
103系の人気は衰えませんね。
「欲しい形式」ではあるのですが、飽きてしまう危険性と、私鉄重視路線を堅持するために手を出しません。
例えば、アクラスさんの205系のように廉価なプラキットが出れば食指を動かしそうな危険はあります(笑
画像


JR東海313系の半田付け組み車体です。
画像


JR西日本287系くろしおです。
画像


6月下旬に参加させていただいた運転会がありました。そちらは次回に紹介します。
少しずつブログを再開しようと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
多忙の合間を縫っての運転会、ご苦労様でした。
東急8090系はコルゲートが少ないので、従来のステンレスカーのイメージが変わりましたね。
私は寧ろ正面非貫通のデザインに惹かれましたが、程なく貫通形ばかり増備されたので、ちょっと残念でした。
サハで1両、ステンレス鋼体検証用の試作車がありましたね。
マユ35
2013/07/14 07:54
マユ35様
ブログではご無沙汰しております。
いつもイライラしながら仕事をするような状態から脱し、折角の休日も普段の睡眠不足を補うために死んだように眠り続けるような状況からも脱しました。
やはり人間は趣味を楽しめるような余裕は欲しい物です。
旧5000,5200系以来の非貫通車両。特異な低いライトの位置。コルゲーションが消えて赤帯が側面まで追加され縦、当時中学生だった私は『次世代ステンレスカー』への羨望の眼差しを送った物です。
新玉川線を走る8500系にも軽量ステンレスカーも登場しましたが、こちらは従来通りのコルゲーションが残り、
「東急第1級路線:東横線だけ存在」
として、憧れの眼で見続けました。
軽量ステンレスカーの試作:旧デハ8400形もたった2両だけでしたので、たまに見付けると心が躍りました。懐かしいです。
最近は『走るんです♪へ右へ倣え』な車両が増え、関東地区の電車は面白味が少なくなったのが残念です。
ズ−ムカー
2013/07/14 10:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
カツミさん 運転会 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる