お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 江ノ電タンコロ祭へ 4

<<   作成日時 : 2012/12/10 23:11   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今更のアップですが、極楽寺車庫で開催されていたタンコロ祭の会場へ入った時の様子です。

ドラマの舞台にもなった極楽寺駅。電車に興味無い方でも一度はテレビで見たことがあるかと思います。
画像


小さな江ノ電1000系がトレーラーを牽引して子供達に人気でした。
画像


タンコロ:108号です。この電車の前で記念撮影する人が多く、撮影には一苦労でした(笑
画像


木製の内装が良いですね。
画像


ドアは自動ではなく手動です。レバーの操作で開閉する仕組みです。
『TDK』マークの制御器。大きさからして直接制御のようです。
画像


マスコン,圧力計,ブレーキ弁だけの質素な運転台です。
現代の電車に比べると「これだけでも電車は動くんだ。」と、電車の原形を現代に伝えているようです。
画像


スイッチ類も必要最低限の装備です。
カノピースイッチに魅力を感じます(笑
画像


路線図が、これまた貴重な姿です。現代では見られない路線図です。
画像


歴史を物語るカノピースイッチ…。高圧配線は引き換えられているようです。
画像


台車間の床下スペースは狭く,抵抗器,空気圧縮機,主回路スイッチぐらいです。
画像


頭だけ保存されている旧500形。これまた記念撮影の舞台となっていました。
画像


「今日は何かを撮り損ねている。」と思っていたら、305Fが定期検査で入場していました…。
う〜ん。残念……。
画像


中間台車が、これまた古い形状で驚きです。
画像


最近流行のゆるキャラ。江ノ電にもいるようです。子供達の記念撮影場所の一つとなっていました。
画像


会場を出ようとした時に2000系が通過です。
画像


駅名の由来:極楽寺は駅の裏手にあります。
画像


鎌倉寄りのトンネルから出てきた10形です。
画像


当日の撮影を終えて、江ノ島駅に戻ります。
江ノ島駅では最近見られなくなった構内踏切が健在でした。
画像


小田急線片瀬江ノ島駅に戻ります。ホームにはロマンスカー:MSEが待っていました。
VSEを意識したデザインで、EXEの一般特急車とは違うイメージが好感を持てます(笑
画像


VSE程ではないにしても、VSEの良い点を採り入れた車内デザインが好きです。
画像


さて、今回の撮影で一気に江ノ電熱が出始めました。
「江ノ電1000系の模型があったならなぁ。でも随分前にエンドウから出ただけだし、入手できないか。」
と友人にメールをしたところ、先週になって
「江ノ電1000系の模型を探していたら見付けたよ。欲しい?」
悪魔なメールが(笑
悪魔の囁きに負けて、土曜日に譲ってもらいました(汗
画像


インサイドギヤ・非冷房時代の模型ですが、何処から仕入れたのか?冷房装置とMP用床板まで付けての販売(?)でした。
あぁ、色々と夢を見てしまいます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江ノ電タンコロ祭へ 4 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる