お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の故郷を走った栗原電鉄 ED20 その8

<<   作成日時 : 2011/09/26 01:05   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

台車の工作です。
説明者ではパワトラに付属する取付板を台車に半田付けと有ります。
台車を見ると通常のネジ座が用意されています。
多分、正面から見た足元が寂しいので端バリと砂箱を追加したのでしょう。
半田付けすると調整できなくなる危険を感じて、ネジ止めにします。
ネジ座をパワトラ取付板より一段低くなるように削ります。
そしてネジ座の穴を深くまで明けます。中心部を突き破る前の”カッキ”した感触でドリルを止めます。
長嶋茂雄さんの感覚による表現みたいですが(笑
画像


後は通常の台車工作と同じで、台車に取付板をネジ止めします。通常と異なるのは台車がぐらぐらとしない点です。
画像


続いて、端バリを半田付けします。
端バリに向かって右側が少し長くて、現物合わせで切断します。
そして半田付けします。
画像


四角い台車枠が出来ました。
画像


台車が四角なので、そのままではパワトラは入りません。
画像


軸端を切断し、集電板との関係に気を付けながら車輪を嵌め込みます。
画像


台車枠を、そっと乗せます。
画像


フタをして、台車工作が終わりです。
画像


台車単品での走行テストは上々でした。
そして次の段階へと進めます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
母の故郷を走った栗原電鉄 ED20 その8 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる