お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 洗足池と池上線(その1)

<<   作成日時 : 2009/08/15 18:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東急電鉄の稼ぎ頭で、近い将来には副都心線へ乗り入れる事が決まっている東横線。
10両編成が終日行き交い、遠くは南栗橋や久木まで足を伸ばす田園都市線。
華々しい路線がある東急電鉄の中で、地味に地元の足として活躍している池上線を撮影してみました。

ドラマの舞台としてたまに出るそうですが、池上線の観光スポット(?)の洗足池で降りました。
ペンキが塗り替えられて綺麗になっていますが、駅の造りは子供の頃から変わっていません。
画像


バリアフリー対応でエレベータが新設されて、その部分だけ近代化(?)されています。
駅全体のペンキを塗り替えたので、違和感は緩和されていますが…。
画像


駅前にある右のラーメン屋は最近出来たのでしょうか?
左にある立ち食い蕎麦屋の方が、昔ながらの感じで良いのですが(笑
撮影した時間は昼食時ではないので、どちらの店も閑散としていました。
画像


駅前の歩道橋で中原街道を渡ると、ボート乗り場があります。
子供の頃に見たのとスッカリ変わって、立派な(?)建屋になっています。
画像


洗足池自体は、子供の頃とほとんど変わりがありません。
違う点と言えば、柵が立派になった事と、遠くに高層マンションが見えている点でしょうか?
画像


妙に人間慣れした鯉が泳いでいて、人影を見ると近付いてきます。餌を与える人が多いのでしょうね。
鯉には気の毒ですが、与える餌が無かったので、見ているだけでした(笑
画像


子供の頃に親にせがんだ時は手こぎボートだけでした。当時の料金は覚えていませんが、現在は600円/60分です。
足こぎボートだと1000円、スワン形だと1300円…。価格差が倍以上には驚きました(汗
画像


高いスワン形が手前で待機し、「こっちに乗れ」と言っているような気が…。
一番安い手こぎボートは、隠れるように奥に泊められていました(苦笑
画像


子供の頃は平屋建てだったボート乗り場。現在は2階建てになっているので、2階から池を眺めてみました。
遠くに見えるマンションが更に目立つだけと言う結果で終わりのが残念です。
画像


池上線の撮影に向かう前に、洗足池の近くにある不思議な設備へ寄り道をします。
電車の撮影が目的なのに、電車の写真が出てくるのは、もう少し後になります(笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
洗足池と池上線(その1) お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる