お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西撮影旅行記4

<<   作成日時 : 2009/05/10 20:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 8

こうや1号の指定席券を事前に入手して、毎年恒例の高野線詣です。

宿から難波へ行くのに京阪電車を利用しました。
淀屋橋駅には、京阪電車の特急車として活躍する8000系が出発を待っていました。
画像


京阪電車の特急車の象徴として長年続いてきた「テレビカー」
画像


ワンセグが使える世の中になったためでしょうか?テレビが消えると言う話です。
技術の進化は、一時代を築いた象徴をも追いやるのですね(涙
画像


難波駅の改装が終わったようです。
それでも南海の象徴「羽車マーク」は健在でした。良かったです。
画像


新8000系と初対面です。
関西に「走るんです」系統の車体を持った車両が投入されて、賛否両論があるのは承知しています。
趣味の観点からは歓迎されないかも知れませんが、一利用者として見た場合にどう感じるか?気になるところです。
やはり通勤電車と言えども、少しでも高級感を要求する関西の人達には”安物感”を感じるのでしょうね。
実用一点張りの関東の電車に飽き飽きしている私が言うのも変な話ですが(苦笑
画像


こうや1号が入線してきました。
当然30001系と思い込んでいたので、31001系が見えた少々ガッカリしました。
決して悪い車ではないのですが、観光特急とビジネス特急の両面を持っているので…。
画像


乗ってしまえば、やはり特急車。
快適なクロスシートに身を委ね、風景を楽しんでいる内に極楽橋へ到着しました。
画像


ケーブルカーに接続するために出来た駅で、人家も無い極楽橋駅。
汐見橋駅同様、外見は時間が止まったかのような駅舎です。
画像


それでも2・3名が改札を出て、歩いて山を登る強者がいました。
さすがに登る気力はありませんが、駅から見える朱色の橋を渡り、山へ登るようです。
坂の入口には、比較的新しい看板が立っていました。
画像


この朱色の橋が、「極楽橋」なんですね。
画像


最新の2300系が停まっていますが、駅構内の雰囲気は何時来ても変わりませんね。
画像


561形や、初代こうや号が体を休めていた引き込み線。
当時の写真と変わらない雰囲気が好きです。
画像


さて、今年こそは獣と出会うか?
極楽橋駅から離れて、撮影地に向かいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
極楽橋駅は、南海で最も「乗降客」が少なく、1日6人と聞いています。これは改札口を出た人数ですが・・・(笑
15年前に同駅を訪問した時と変わらないのが良いですね。
春先に南海ビルの改装工事をしていましたが、どうやら終わったようですね。工事中も「羽車」は人の目に付いていました。
マユ35
2009/05/10 20:55
極楽橋駅の改札を通る人は、1日に6人ですか…。
通路幅もあるのでしょうが、自動改札機2台は過剰設備ですね(笑
川の流れる音や、鳥達のさえずりが聞こえて、自然を満喫できる駅です。

難波駅の「羽車」マークが健在だったのは幸いでした。
ズームカー
2009/05/10 22:04
先日、ひょんなことから2日連続で高野線特急に乗りました(1日目”天空”の試乗会で「りんかん」に乗って橋本まで。帰りは橋本から「こうや」。2日目が極楽橋まで「こうや」往復)が、4回とも30001系に乗ったので31001系のほうには1回も巡り会わず、少々ガッカリしていたわけで、少々うらやましい気持ちです。それにしても、南海電車はどこか垢抜けない駅や施設が多く、係員の応対もなんとなくのんびりしていて、非常に親しみを覚えます。大手私鉄でこういう雰囲気ってなかなか無いものだと思うのですが・・・。
いぶき工房
2009/05/11 20:22
いぶき工房様
20mm差ですが、シートピッチの狭い31001系だと損をした気分です(笑
座ってしまえば特に問題は無く、初乗車の31001系を楽しみました。
「天空」は見掛けもしませんでした…。まぁ今後活躍するので慌てる必要もありませんね。
近代化された駅舎が出来た一方で、昭和の香りが漂う汐見橋線や極楽橋駅等が残っているのが南海電車の面白さだと思います。
いきなり50パーミルの坂を駆け上る神戸電鉄も面白いですが、難波からだんだんと雰囲気が変わり、最後には50パーミルの勾配とR101mの急曲線の連続に耐えながら山深い極楽橋に到着する南海高野線は、旅情を掻き立ててくれます。
ズームカー
2009/05/11 22:14
こんばんは、
南海高野線 極楽橋駅は1日 6人しか下車しないことは
始めて知りました。

南海天空などを極楽橋駅で撮影してもマンションなどが写らないので、
いいですし、上古沢駅のように山に囲まれている駅ですね。
大阪人
2009/06/06 19:40
人家も無く、極楽橋はケーブルカーに乗り換えるためだけに存在しているような駅ですね。
上古沢駅も撮影のために何回か降りたことがあります。
上古沢は人家がありますが、山を走る高野線を撮影するには良い場所です。
ズームカー
2009/06/07 11:03
こんばんは、
明日南海高野線 6100系 さよならを撮影しに行き、序でに南海天空を
上古沢駅などに撮影しに行こうと思います。
大阪人
2009/06/13 18:30
大阪人様
P−V台車を履いた大手私鉄車両が消えたのは寂しいですね。
P−V台車は乗客としては歓迎しにくい乗り心地ですが…。
「天空」の撮影は、来年の課題になります。個人的には被写体としてではなく、乗客として楽しんでみたい気もします。
ズームカー
2009/06/13 21:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西撮影旅行記4 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる