お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西撮影旅行3

<<   作成日時 : 2009/05/07 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

木津川から、本来は高野線の始発駅;汐見橋に移動しました。
難波から地下鉄等ので一駅とは思えない風情です。
画像


駅のベンチに掲げられたパチンコ屋の広告。
電話番号の桁数が2桁少ない気がします。いつ頃掲げられた看板なのでしょうか?
画像


駅名票は何十年間電車を見続けていたのでしょうか?
画像


不自然なSカーブを描いた線路ですが、右側には貨物駅があったのでしょうか?
画像


切符は自動券売機で発行されていますが、窓口による切符売り場だった雰囲気は残っています。
自動改札機が、逆に浮いた感じです(笑
画像


謎の窓口跡です。手荷物か小口の貨物を扱っていたのでしょうか?
画像


多分、売店だったのでしょうね。
閉鎖されてから長い年月が経ったように見えました。
画像


昭和32年の路線案内図です。
残念ながら、一部が破損していました(涙
画像


周辺には整備された建物が多い中、ポツンと時代に残されたような駅舎が印象的です。
画像


その横には、開業したばかりの阪神なんば線:桜川駅が…。
昭和と平成の並びが印象的です。
阪神側が「汐見橋」を名乗っていれば、少しは汐見橋線の名も上がったのでしょうが…。
画像


汐見橋線に再び陽が当たることを祈って、駅を後にしました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
時代を感じさせる駅ですね。
長田ドーム
2009/05/08 21:26
汐見橋駅では、10年前は窓口で磁気化券を発売していました。さらに20年前は回数券の切り売り様式の切符でしたが・・・。
それでも雰囲気が全く変わらないのは嬉しいことなのですが、少々不安な気もします。「なにわ筋線」まで温存でしょうね。
お察しの通り、貨物ヤードは隣に展開で、木津川に負けない規模だったようです。
阪堺線の連結低床車が未だに現役なのを考えると、1551系が昇圧工事で生き延びていたら、今でも走って来そうです(笑
マユ35
2009/05/08 21:42
長田ドーム様
南海汐見橋線は、古き良き時代を感じさせてくれます。
時が止まったかのように思えますが、平成の世になって20年経っても”昭和の香り”が堪らない路線でした。
ズームカー
2009/05/10 01:28
マユ35様
複線なのに1列車運用。「そこまでして何故残すのか?」と不思議でしたが、”なにわ筋線”に期待しているのですね。
もしタイムマシンが有るのなら、木津川と合わせて貨物ヤードの雰囲気を味わってみたい気がします。
山を下りた561形と南海形電気機関車が牽引する貨物列車が行き交う姿は、魅力的だったでしょうね。
ズームカー
2009/05/10 01:35
私が初めて乗ったときは1521形の2連で、やたら浅いロングシートが印象に残っています。桜川の駅名、阪神の新駅は全て大阪市営地下鉄と同じで、やはりそちらに連絡機能を持たせているように思います。
いぶき工房
2009/05/11 20:26
いぶき工房様
角Zの駆動音は好きですが、やはり吊り掛け式だと更に楽しめたでしょうね。
残念ながら、南海電車に興味を持った時には既に1521系は全廃されていて…(涙
阪神なんば線の桜川は地下鉄とは若干離れていて、「汐見橋」を名乗って欲しかった気もします。
やはり地下鉄の方が優先だったのでしょうか?
なにわ筋線が開業し、汐見橋線に乗り入れた場合、「汐見橋」の駅名が消えない事を祈るばかりです。
ズームカー
2009/05/11 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西撮影旅行3 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる