お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 寄り道(1)

<<   作成日時 : 2009/03/01 20:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

艤装工事をすれば完成する南海2000系1次車とサザンですが、なかなか着手する気分になれません。
始めれば早いと思うのですが、気分屋なので気分が乗らないと動き出さないのが私の悪い癖です(苦笑

昨年末から少しだけ購入した車両があるので、それを入線整備してモチベーションを上げることにしました。
まずは中古屋で格安に入手した宮沢製スハフ42です。
これは、南海サハ4801が紀勢西線に乗り入れた時の国鉄側車両として導入しました。
画像


続いては、まゆ模型さんのクモハ11+クハ16です。
パンタ・台車無しの状態で購入しました。
画像


ネットオークションで入手した東京急行3300形です。
赤箱入りですから、晩年の製品ですね。
画像



まずはスハフ42から整備することにしました。
全く転がらないと言って良い程渋くなっている台車は、エンドウ製TR47に交換します。
さすがに客車の連結器はベーカーは辛く、ケーディーNo5に交換です。
台車交換は意外と難しく、エンドウ製はMP対応のボルスタ。手持ちのボルスタを漁って、高さ調整を含めて2時間も格闘しました(汗
画像


室内灯は懐かしい管球。尾灯は先細球です。
交換した方が良いと思いつつも、懐かしい部品なので流用することにしました。尾灯の切換え用ダイオードのみ追加しました。
画像


カツミの固定クロスシートをアングル上に接着します。
画像


車体と床板を結合すれば、工事完了です。
画像


国鉄より豪華に作ったサハ4801。それの引き立て役なので、少しショボイくらいがちょうど良いです(笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
宮沢のスハ43は、高校1年のときに購入したことがあります。当時5600円で、4400円から値上げとなった直後でしたが、今ではウソみたいな価格です。ガラベンがプレス加工からダイカスト鋳物になったので、改良品ですね。同時に友人がオハフ33を買いましたが、こちらは7000円で、私には高い買い物だと思いました。
ここの台車は転がりがよろしくないので、日光モデルの台車に換装したら車高が低くなってしまいました。
マユ35
2009/03/02 09:10
当時は小遣いの少ない高校時代でしたので、5000円前後の客車も”高価な模型”でした…。憧れの最新ブルトレ:24系25形の基本編成(8両)を3年掛けて揃えるのがやっとな時代でした。
この時代の宮沢の台車は「固定式?」と思えるぐらい転がらなかったですね。同じように台車交換をしたら車高が下がって、床下機器取付板に当たり、四苦八苦しました。それを忘れて、またもや同じ苦しみを今回味わいました(汗
ズームカー
2009/03/02 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
寄り道(1) お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる