お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 依頼工事5

<<   作成日時 : 2008/01/24 21:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

雪が降るほど寒くなってきました。
今冬は寒さが厳しいです。

前回やり残したドアヘッター貼りです。
マスキングテープで仮止めして、サッと半田を流します。
気を付けないと予想外の所の半田が流れ出てきます。例えばドアとか、ウィンドヘッターから…。
画像


余分な半田をキサゲします。
画像


私鉄向け戦災復旧車ですので、通風器はグローブ形ではなくガーランド形です。中央には歩み板があります。
図面から位置を割り出して、穴明け位置をケガキます。
続いて、通風機取付穴を明けます。
画像


歩み板はエコーさんのパーツを使います。付属の穴明け治具で穴を明けていきます。
画像


ノギスを使って雨樋の位置をケガキ、0.5×0.3の帯材を使って雨樋を貼ります。
画像


なんとなく、それらしい姿になってきました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
戦災国電にガラベン2列は、相模鉄道旧2000系を彷彿させますね。中央の歩み板はエコーモデルのパーツが適当ですが、ヘロヘロしていて帯材と角材の組み合わせで、ガッチリ作っても良いかも知れません。但し、阪急のように背の高い歩み板には通用しませんが・・・。
マユ35
2008/01/25 20:57
グロベンそのままの方が組む方としては楽なのですが(笑
エコーさんの歩み板は足がヘロヘロしているので扱いにくいですね。
南海在来車のような歩み板なら、角材と帯板の組合せで作業しやすいです。
ズームカー
2008/01/27 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
依頼工事5 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる