お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 入線整備

<<   作成日時 : 2006/11/07 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

模型ショーで購入した小田急1900形。購入当日に臨時で走らせましたが、本格営業運転入りのために整備を開始しました。
まずは買って来た時のままの姿です。左の2両は以前購入していた1600形。この相棒として右の2両:1900形を購入しました。
画像


いきなり、車体と床板を分離します。ナット止めですので簡単に分解できます。
画像


私の標準仕様:室内灯を入れます。米粒球の玉切れを考慮すれば、取付金具をまず接着してからユニットライトを嵌めこんだほうが良いのでしょうが、玉切れを起こすほど通電時間が長いとも思えないので、思い切って接着にしてます。
画像


ウエイトは古式ゆかしい角ウエイトです。今ではこんな基本的なパーツすら作られていないので貴重なパーツです。
画像


室内灯が点灯すると目立ってしまうので、黒く塗ります。塗るのは簡単黒マジックです(笑
画像


シートはカツミさんの300円シートです。真鍮アングル材ではなく角木材なので、後ろ側の脚を切り取ります。
画像


これを角材の上に載せるようにして接着すれば、シート入れは完了です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ウェイトは木の端切れで鋳型を作って、ガスコンロで溶かした鉛を流し込んで作っています。最初は木の燃える匂いで一瞬ひるみますが、10回位は再使用に耐えれます。鉛は近所の釣具店で投げ釣り用のオモリを買ってきますが、店の人には、いつもオモリばかり買っているお客さんに映っていることでしょう。
マユ35
2006/11/10 07:28
マユ35様
簡易鋳型方式で作られているのですね。チャレンジしてみたいと思う反面勇気のいる作業なので、なかなか踏み切れません(汗
昔に買ったウエイトや、MPギア化で不要となった角ウエイトを細々と使い続けてきましたが、山陽700形で使い果たしてしまいました。私もそろそろチャレンジする必要が迫りつつあります。
ズームカー
2006/11/10 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文
入線整備 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる