お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 塗装ブースの効果

<<   作成日時 : 2006/10/12 23:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

青空塗装室だと「日没=作業終了」となるのですが、塗装ブースを導入したおかげで、夜でも塗装ができるようになりました。でも気温を考慮すると今の季節ぐらいが限界ですね。

軽く一吹きで終わるので、阪神ジェットカー2両と小田急2217の屋根グレー塗装、及び小田急2218の青帯塗装をしてみました。
画像


上手く行けば、小田急2218も今週末で塗装完了できそうです。
阪神ジェットカー失敗2両はまだまだ先になりそうですけど……。

11月からは、全く新規の模型組立に入ろうかと画策中です。そのためにも今月中に小田急・阪神を組立完了させたい。そう思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も以前は「青空塗装」をしていました。日没後にどうしても塗らなければならないことがあった時は、クリップライトを用いて照明に使っていました。白熱電球は影のコントラストが強くて、仕上がりの調子が良く判らないものです。塗装ブースがあれば、夜や雨の心配が無いのが良いですね。勿論、照明器具も設置しています。
マユ35
2006/10/16 07:11
マユ35様
さすがに夜空の塗装室は経験無いですね。本職さんと趣味人の違いですね。
まぁ、夜露による被りが怖いと言うのもありました。
ズームカー
2006/10/16 20:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
塗装ブースの効果 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる