お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS パンタ台

<<   作成日時 : 2006/08/15 20:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回は玉電150形です。

パンタ取付穴を利用して足踏み台の位置をケガキます。
画像


ケガキ線に合わせて、マスキングテープで足踏み台を仮止めして半田を流します。
画像


半田を流し終えたら、余分な半田を除去します。
次にパンタ台に取付です。パンタ取付穴に合わせてパンタ台の位置を決めて車体中心側を半田付けします。パンタ取付のタップは車体側に立てるので外側に流す必要はないと思います。キサゲ作業もしにくいですから。
画像


今回は手を抜いてピンセットの先を使って位置合わせをしましたが、本来は車体のパンタ取付用下穴にM1.2のタップを立てて、M1.2のビスで仮止めした方が良いです。たまたまM1.2のビスが在庫切れだったので…(汗

後は余分な半田を除去すれば、パンタ周りは終了です。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先日、紹介されていた屋根上の穴を埋める技法は、目から鱗です!私も参考にしたいところですが、真鍮いじりは余りしないので、本当に参考になってしまいそうです(汗)
マユ35
2006/08/17 11:25
マユ35様
カツミさんのHPでチラリと載っていた技ですので、自分が開発した技ではありません。他人の受け売りです(苦笑
熱が回ってきて、大騒ぎする必要が無くなったので有り難い技です。穴径と同じ真鍮線が無くても、破材の真鍮線を束ねて使えば同じ効果が得られます。今回のベンチレター用穴埋めで応用してみました。結構有効な技です。
ズームカー
2006/08/17 22:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
パンタ台 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる