お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 箱根の山は天下の剣

<<   作成日時 : 2014/08/17 21:13   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

友人と箱根登山鉄道の撮影に向いました。
TOMIXから箱根登山鉄道が導入する3000形がリリースされています。そのお供となるのが2000形なのですが、友人がその2000形のキットを所有していて、取材してみたいという話で、今回の撮影と相成りました。

「箱根へ行くなら、やはりロマンスカーだね!」
と言うことで、ロマンスカー特急券を事前に購入しました。往きはVSEが取れなかったのでLSEとなりました。
画像


箱根湯本に着き、友人が
「それほど次の駅まで遠くないから歩いてみる?」
と言ってきました。日頃運動不足の権化のような生活をしているので、健康のために歩いてみました。
まだ箱根の山への入口で、そんなに急な勾配ではないのですが、目の前に立ちはだかる山を見ながら
「大学駅伝でこの山を走破する選手ってキツイなぁ…。」
と早くも思ってしまいました(汗

塔ノ沢駅へ到着して暫し2000形第1編成が到着です。正面の下にジャンパ栓受けが追加され、3000形との併結の準備が進んでいるようです。
画像


塔ノ沢駅で交換したのはモハ104以下3連です。
豪快に吊り掛け音を響かせながら登り急勾配に挑んでいきました。
画像


続いて2005号以下3連の強羅行が山を登っていきます。
カルダン車なので吊り掛け式の車よりは軽い音ではありますが、車輪のキシリ音に厳しい線形であるのが解ります。
画像


続いて1001号以下3連のベルニナ号です。
私個人としては登場時の色が一番似合っていると思うのですが、ご本家小田急が小田原-箱根湯本間のセクショントレインとして小田急1000形4編成を同様のラッピングを施し専用車として用意しています。これと共通イメージとしたかったのでしょう。
画像


「次の電車で大平台まで進みましょうか?」
と言うことで15分ぐらい待って強羅行が到着しました。反対側の交換電車には、3000形と塗装を合わせた2000形第2編成が到着です。
画像


1本遅らせて友人は模型用の資料にとバシバシ撮影をしていました(笑
画像


「それじゃぁ、大平台まで進みましょう。」
と、大平台までの1駅をベルニナ号に乗車して登りました。
塔ノ沢と大平台の間に大きな鉄橋があって有名な撮影地なのですが、車窓を見ながら
「1回ここで撮影してみたいんですよ。でも、ここまで歩いて登る勇気が無いんです」
と苦笑しながら話をしたのが、山を下る際の荒行につながるとは」、この時は思っていませんでした…。

大平台へ到着し、乗ってきたベルニナ号を見送ります。
画像


次に来た箱根湯本行は104号以下3連です。
画像


次に来たのが強羅行き2000形第1編成です。
画像


さて、次に来るのが3000形と塗装を合わせた2000形第2編成のはずだったのですが、モハ103号以下3連でした…。車両交換したの?
折角の吊り掛け車が来たので、とりあえず強羅まで登り吊り掛け音を堪能。更に
「抑速発電ブレーキで下りる吊り掛け音も聞いてみたいよね。」
と言う話になり、とんぼ返りで大平台まで戻ってきました。
戻る最中に反対側の電車を見たのですが2000形第2編成は山に現れませんでした。2両編成で旧盆休みで混雑に対応しきれないので、車両交換をしたのでしょうね。

「大平台から鉄橋まで歩いてみる?下り坂だし。」
と友人が提案してきたので、大平台から国道1号線を歩いて下りたのですが、
「箱根の山は天下の剣。」
と謳われた通り急な勾配!下り坂でもかなりきつかったです。
「大学駅伝袋でこの坂を下りる選手も大変だな!」
と思いながら鉄橋に着きました。苦労しただけあって、良い撮影地でした。
画像


同じ2両編成でも、2000形第1編成は走っていたのですが…。
画像


まぁ友人は
「外観が分かっただけでも収穫。クロスシート化もされていなかったし。車内は次の機会にしますよ。」
と不満ではないようでした。
さて、カメラを締まって撤収の段階となってから
「あそこにね、バス停があるんだ。しかも本数は少なくないし。」
………
……

「次にここで撮影する時は箱根湯本からバスで来るぞ!」
と心に強く誓いながら、でも混雑している国道1号を横目に見ながら箱根湯本まで歩いて下りました。
帰りは”皆のあこがれVSE”のサルーン席ゆったりお茶をしながら戻ってきたのであります(笑

因みに、この箱根登山鉄道撮影は昨日のことです。
今日は、お尻から下全体が筋肉痛です(泣
友人は普段から足腰を鍛えているので問題が無かったようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
箱根の山は天下の剣 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる