お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪の紀伊神谷駅と天空、そしてこうや号

<<   作成日時 : 2014/03/05 23:33   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

雪の高野線ネタを引っ張っていますが、今回で最後です。

この日の関西は快晴で、雪もだいぶ解けてきました。
画像


極楽橋駅から1駅戻って紀伊神谷駅に来ました。
この駅は山陰に隠れているので露出は出ませんが、雪はだいぶ残っていました。
画像


「冬季は休みだろう。」
と思い込んでいて、踏切の警報音で慌ててカメラを構えれば、天空の通過です。
画像


雪で足元がおぼつかない状態でしたが、良いカメラアングルを見つけた友人の後を追いかけて撮影です(笑
「雪が無い状態だと、どんな状態なんやろ?」
と、友人は怖い一言を(汗
画像


ほとんど乗客がいない各駅停車:橋本行きを停まらせて、ゆっくりと山を登っていく、こうや号です。
画像


乗降客0のまま発車する2300系各駅停車:極楽橋行です。
画像


繁忙期の休日となれば4両編成でも超満員状態で走る各駅停車も、真冬の休日では2両編成でも輸送力過剰です(苦笑
それでも時間通りに走らせなければならないのが公共交通機関の厳しいところです。
画像


雪解け水がせわしなく流れる小川。
高い杉が並ぶ山肌。
画像


それでも轍が見える道路を見ると、人間が生活している地区なのだと思います。
画像


私たちが滞在していた時は乗降客が0だった紀伊神谷駅。
しかし、いつでもお客を待ち続けています。
そして安全を見守っています。
画像


レールを踏みしめるようにして、各駅停車:橋本行きがトンネルから顔を出しました。
画像


さて、極楽橋へ戻ります。
4両編成に10人にも満たない乗客…。
これが高野線山岳戦区間の現実なのですね…(涙
画像


極楽橋駅に戻ると、こうや号と天空の並びが待っていました。
画像


天空はドアを開けたままで、さながら展示車両の様相でした(笑
時間の制約もあって乗れなかったのが残念ですが、一度は乗ってみたい車両です。
画像


GWぐらいの季節だと、涼しそうな展望デッキ。
雪が残っていたこの日に利用する人はいたのでしょうか?
画像


そして、こうや号で快適な移動時間をなんばまで楽しみ、新大阪駅で友人と一杯酌み交わして現実世界に帰ってのでありました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
雪の紀伊神谷駅と天空、そしてこうや号 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる