お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 2013年 日本鉄道模型ショウ

<<   作成日時 : 2013/11/03 01:05   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

全く活動を停止していましたが、生きています。
「ブログはどうしたの?」
と友人には心配されていますが、鉄道趣味関係が停滞気味で、これと言ったネタも無いので…。
今夏の猛暑に当てられて夏バテとなり、一層活動が停滞していました(汗

秋に入ってから、友人に
「そのままじゃ駄目だ!」
と家でゴロゴロしているところを、引っ張り出されるようにして久し振りに釣りに出掛けたのがキッカケで、漸く私生活での社会復帰(?)を果たしました(汗
その釣りですが、復帰してから目下8連敗中の有様です(笑
それでも家でゴロゴロしているより精神面での効果は大きく、消極的な私生活からは脱しつつあります。

さて、釣りでは8連敗を喫した今日ですが、久し振りに鉄道趣味の世界にも足を運びました。
16番模型のお祭り:日本鉄道模型ショウへ行って来ました。
先ずはワールド工芸さん。どちらかと言えば9mmゲージのメーカーさんのイメージが強いですね。
画像


気になったのがED16です。ちょうど高校生の頃に引退したのですが、引退の噂が強く流れ始めてから足繁く奥多摩方面へ撮影しに行きました。懐かしいですね。
天賞堂さんから数回製品が出されていますが、未だに手を出せていない機関車です。
画像


始めて見たメーカーさん:先進精密さんの巨大マレー型機関車…。確か1/16だった記憶しているのですが、とても収納しきれるサイズではなく、溜息だけがこぼれました。
画像


ワムさんの全金73形。魅力的でしたが旧型国電の世界は深くて手が出しにくいです。
画像


最近は京王帝都電鉄と電気機関車に力を注いでいる奄美屋さん。
気になるのが東急3300形ですが、ほとんど記憶に無いので手が出ていません。
見たことはあるはずなのですが、電車の形式があまり頭に入っていなかった子供時代の電車で…。
親戚が千鳥町に住んでいた頃、見ていたはずなのですが…。
画像


夢屋さんでは魅力的な機関車をリリースされていますが、実物を見たことがないので食指が動くまでには至りません。
画像


デカ目玉が魅力的な初期型115系を発売されているのが、でんてつ工房さん。
私の上野駅のイメージは、このデカ目玉の115系がズラリと並んでいた光景です。
ただ、1回走らせたら飽きてしまいそうな予感がして、我慢しました。
やはり、自分は私鉄派なのです。
画像


クマタ貿易さんではOJゲージで青蛙を出されるそうです。
非常に魅力的ではありますが、OJゲージの模型を走らせる機会が無いので…。
画像


U−trainさんでは角ズームを出されるそうです。
私はコレクションでは揃えてしまった後に出たのが残念です。
画像


京浜急行2100形に続いてN1000形もリリース予定だそうです。
実物はアルミ車よりステンレス車の方が多いそうですが、京浜急行と言えば赤い塗装車というイメージが強いので、京浜急行好きの方には溜まらないでしょうね。
画像


今回の模型ショウで一番気になったのは、東京急行電鉄デハ3450号です。
千鳥町に住んでいた親戚が中学生になった頃に大岡山へ引っ越したのですが、田園都市線と目蒲線が分かれる辺りにあって、親戚の家に遊びに行っては田園都市線を走っている、このデハ3450号が来ると飛び跳ねるようにして喜んで見ていました。
当時の田園都市線には3450形から最新鋭の8500系までが走り回り、目蒲線では3500形も見られて、東京急行好きの私には、さながら博物館のようでもありました。
予備パンタ台やリベット止めの屋根。この模型を見て懐かしさを感じます。是非欲しい模型です。
画像


超細密真鍮模型のイメージが強かった天賞堂さん。
プラ製品やカンタム搭載ダイキャストモデル。
「老舗なだけじゃない。」
との意気込みを感じさせます。EH10に合わせてでしょうか?一気にコンテナ車を出されていたのには驚きました。
まぁ、私にとってのEH10形機関車は、黒い貨車をズラズラと並べた長い貨物列車のイメージです。
食指が動くまでには至りませんでした。
画像


本日はここまでです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
立ち寄り観覧させていただきました
(*^∇^*)
懐かしい会場の光景で
(o^-^o)でした
〜NORINKO〜
2013/11/03 21:15
NORINKO様
ご覧いただきまして有難うございます。
鉄道趣味の楽しみ方は色々とございますが、写真と共に模型も個人が唯一手元に所有できる鉄道です。会場を回るだけでも楽しめるのが鉄道模型という趣味なのだと思います。
ズームカー
2013/11/04 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
2013年 日本鉄道模型ショウ お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる