お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 富士山バックの江ノ電が撮りたい!2

<<   作成日時 : 2013/01/11 23:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

稲村ヶ崎へ向けて足を進めました。
江ノ電が国道から離れる所に差し掛かった時に新500形塗装の1000形が来ました。
画像


狭い路地をクネクネ曲がるように走る江ノ電。踏切が無い所では近くに来ないと判らない時があります。
大手私鉄では、接近警報表示灯が設けられていますが、中小私鉄とは言え『安全第一』は重要です。
江ノ電では接近警報表示灯が設けられています。
画像


住宅に囲まれたような雰囲気の江ノ電。急曲線での騒音防止には気を使っているようで、レール・フランジ塗油器が線路際に設けられています。
青いタンクに摩擦緩和の油が入っていると思われます。
画像


良く見るとケーブルが2本出ています。
その先を追うと、ソーラーパネルが!
エコですね(笑
画像


そして鎌倉行の2000形が走ってきます。
富士山も少しは見やすくなっていました。
ドピーカンの時にはここで狙うと綺麗に撮れるかも知れません。
画像


この辺りは江ノ電を挟んで民家へ通じる階段が多く見られます。
画像


もし江ノ電のレイアウトを作るのなら、こんな雰囲気の階段を表現したいですね。
画像


ちゃんとした踏切が有るわけでもなく、こんな風景が見られるのは”江ノ電ならではでしょうか?
画像


登場時はヨーロッパ調なのが江ノ電らしさとは違うと思っていた10形でしたが、見慣れると”江ノ電流のお洒落”と思えるようになってきました。
画像


小さな橋に辿り着いた所で、新500形のお通りです。
画像


金網のフェンスが無ければ良い感じの場所なのですが…。
フェンスが無ければ危ないので、趣味者の我が儘は許されませんね(苦笑
画像


「そろそろ藤沢行きの305形が帰ってくるはず。」と1本粘りました(笑
画像


稲村ヶ崎駅に到着です。
画像


狭い感じの島式ホームを持つ駅です。
ノーラッチで道路側に踏切へ出られないように、構内踏切との間にトゲトゲが線路を被っています。
画像


駅舎の2階は宿直室でしょうか?
画像


さて次の駅は極楽寺です。そちらの紹介は後日に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
富士山バックの江ノ電が撮りたい!2 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる