お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 江ノ電タンコロ祭へ 2

<<   作成日時 : 2012/11/21 23:42   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

江ノ電が誇るブルーリボン賞を受賞した1000形が江ノ島駅から出てきました。
ラッピング車としても使われることが多く、姉妹関係となった嵐電のような塗装とか、20形風の塗装となった車両も有って
「元々はどんな塗装だっけ?」
と思うことがあります。しかし原形色で走るトップナンバー編成の登場で嬉しかったです。
「電車が通るぞ!」とばかりに巨大なLED注意表示が目立ちます。
画像


デジカメの普及でフィルム写真を撮影する機会が無くなりました。
それでもフィルム写真、特にリバーサルフィルムの美しさは、デジカメでは出せない物があると思っています。
さて、デジカメの普及で手軽に撮影できるようになっているので、『写真館』を見なくなったように思っていましたが、昭和の香りがプンプンする写真館が健在でした!
少しレトロ調の20形が、昭和の香りがする写真館の前を通り過ぎていきます。
画像


LEDの注意表示等が”平成”を示す一方、昔身近に見えたような”エプロン”を店の前に並べて売る洋服屋さん。
こんな姿も江ノ電の風情だと思います。
画像


腰越駅からゆっくりと併用軌道へ出てくる新500形。運転士さんが一番緊張する場面でしょうね。
『電車接近』の表示が大きく、電車も自動車も大変そうです。
画像


1500形は、江ノ電初のカルダン駆動車です。登場時の『サンライン』塗装が嬉しいですね。
画像


腰越駅は、藤沢寄りは併用軌道への入口、鎌倉側には踏切があって、2両編成分しかホームの長さがありませんでした。
2編成併結の場合、鎌倉寄りの編成はホームには入れず、間違って鎌倉寄りの編成に乗ると降りられない不便さが有りました。
やっとの思いだったのでしょう。階段の位置を変えて、3両まで入れるようにホームが延長されていました。
画像


階段の移設で、裏口のような入口が出来ていました。
画像


鎌倉寄りの踏切からのショットです。
撮影している姿をお互いに撮影している人が(笑
画像


鎌倉方面へ少し歩くと、しらす料理を食べさせてくれる店があります。
以前友人に誘われて入ったことがありますが、ここの生しらす料理は美味しいです!
ただ、行列が出来るお店なので、時間の余裕がある時にどうぞ。
画像


このお店の前にある横道へ入ると、万福寺の山門があります。
そこを木目調ラッピングの20形が横切ります。
画像


線路端のアパート入り口付近から見ると、とても電車が通るようには見えない狭い空間です。
踏切道も狭かったですが、小さな車体の江ノ電がとても大きく見えます。
画像


そして、後ろを振り向くと妙な歩道(?)が…。
画像


鎌倉高校前,七里ヶ浜,稲村ヶ崎,極楽寺…。まだ4駅もあります。
果たして、極楽寺に着けるのか?

続きは後日に。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
江ノ電タンコロ祭へ 2 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる