お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京急行新玉川線 開業35周年 開業時の東急8500系を組もう その3

<<   作成日時 : 2012/06/10 13:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少しだけ、東京急行8500系の工作が進みました。
初期の8500系は歩み板がレール方向に長く追加されました。
クーラーキセの横を通るために”足場”を確保させたかったのでしょうか?
キットではエッチングで浮き立たせて表現しています。多少レベルアップのために、アングル材を半田付けして強調させてみます。
画像


車体中心方向だけ半田を流し、車側は省略しています。
キサゲをする際には、箱状にして力を掛けても大丈夫なようにするのはいつもの通りです。
画像


無理矢理工程に押し込んだ南海6201系中間増備車。素材が薄くてヘナヘナ気味です。
多少重くなっても仕方無いと考えて、キットの通りに当板を追加しました。
画像


アングル材はドア付近のみ半田付けの方法を踏襲しました。
半田ゴテを当てる度に反っていく姿は精神衛生上好ましくなく、良い方法を教えてもらったと。
画像


妻面はいつも通りに表から4点仮付けします。
画像


そして裏からタップリと半田を流します・。
画像


合計8両の箱が出来ました。
この後は地味なキサゲ作業が待っています(汗
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京急行新玉川線 開業35周年 開業時の東急8500系を組もう その3 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる