お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 母の故郷を走った栗原電鉄 ED20 その5

<<   作成日時 : 2011/09/10 15:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近は
「小さなLEDも出てきたんだから、前照灯も点灯化させようよ?」
と言われたりもするのですが、米粒球に比べ一桁上で更に倍の価格…。
完成品だと込み込み価格なので意識しませんが、キット工作だと二の足を踏みます(苦笑

まぁ、点灯化準備工事でもしようかと思いつつ、折角なら全軸集電化もしようと思いました。
キットはそこまで考慮されていないので、台枠に配線用の長穴を明けます。

パワトラのラグ端子の位置を測り、そこを中心に円弧状に穴を明けることになります。
まぁ、正確に円弧をケガけないので、台車の動きを見て目検討で割り出しています(汗
台枠を組む前に気が付けば、少しは合理的に出来ると思いますが(滝汗

先ずは細い穴を明け、次第に大きな穴を明けていきます。
そしてルーターで穴を結ぶようにして円弧状の切り欠き穴にします。
画像


ED35も同じ要領で切り欠き穴を明けます。
台車に乗せてみると、ラグ板と台枠が近すぎます。ショートの原因になりそうなので、更にもう一工夫必要です。
画像


ショート対策は後日検討することにして、少し先に進めます。
連結器テコ棒受けを台枠に半田付けします。
こんな細かい部品は、見づらくなる一方で…。
画像


テコ棒を通し、反対側のテコ棒受けも通して半田付けします。
画像


一定年齢以上になると、16番から零番に転向する人がいると聞きます。
確かに、視力の変化は厳しいです(苦笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
母の故郷を走った栗原電鉄 ED20 その5 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる