お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 南海の電気機関車 その5

<<   作成日時 : 2011/07/18 17:06   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

暑い日が続きます。半田ゴテを握るには厳しい時期です(苦笑
昨年に続き『猛暑』と言うよりは『酷暑』のようです。
東日本大震災に始まる電力の問題。出来る限り節電に協力したいと思いますが、見難い争い、やらせメール等のニュースを見るとやるせない気持ちになります。

南海の電気機関車は最終段階となりました。
前照灯,尾灯のレンズを取り付けます。
画像


台枠に台車とウエイトを取り付けます。
画像


ラグ板に前照灯の配線を半田付けします。
画像


前照灯の点灯に問題が無いことを確認します。
画像


台枠と車体をネジ止めします。
画像


パンタグラフを乗せて完成です。
今回は3両が完成しました。
右の3両が、今回完成した模型です。左端は数年前に完成したED5122号です。
端バリは緑を吹いた上に、直接赤を吹いたため暗い感じの赤になっています(汗
画像


さて、お立ち台撮影です。
よく見ていただくと判るのですが、この機関車は側窓が4枚になっています。
ED5121形は基本的に3枚窓(5123,5224号を除く)です。
この4枚窓はED5105形になります。ED5121形はメーカーキット・完成品がありますが、ED5105形はエッチング板すら出ていないようです。
「ED5121形だらけより、一捻りしてED5105形を加えてはどうか?」と友人が追加加工してくれた逸品です。
自作された方が居ると思いますが、他では見られない模型になりました。
画像


ED5121号です。これは数年前に完成したED5122号の重連相手です。
5122号では省略した総括重連用のジャンパ栓を追加しています。
画像


最後に、ED5129号です。
ボンネット通風口塞ぎ板を撤去し、車体の外板と面一となるように改修された姿です。
画像


これで今回の模型工作は終了です。
実はED5105形2両目の組立品が届いています。
いつ工作するか?は未定です(汗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
一度に4両も揃うと、忽ち堺検車区や汐見橋支区が再現できますね。
1両ずつ細部に違いが発生するのも、南海の車輌ならではです(笑
入換え風景の写真を見ると、たった1両のワムを、3両がかりで操車しているのには笑えました。
5129の点検蓋を埋めるのも、僅かな違いを表現と言ったところでしょうか(笑
私は、出生の経緯が違う「異端児」に対して、小細工する傾向です(爆
マユ35
2011/07/21 06:58
「4両も揃えてどうするの?」
と知人から言われました(爆
これでジオラマが有れば、検車区気分を味わえそうです(笑
微妙に時代設定が違いますが、高野線大運転車両と並べると橋本に居る気分になれそうです。

模型趣味としては、『異端児』に憧れてしまうのは同感です。そうして両数だけが増えるのは困りますが(苦笑
ズームカー
2011/08/01 21:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
南海の電気機関車 その5 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる