お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 東急3472F その4

<<   作成日時 : 2011/02/27 21:52   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

とうとう、自然がばら撒く生物化学兵器:杉花粉が襲ってきました。
鼻の方は薬で抑えられますが、引換とばかりに目が痒くて堪りません(泣
昨年の酷暑で、杉花粉が大量生産されたようですから、これからが本番かと思うと…。

合間を見て、東急3450形を進めました。
妻面のオデコは、表から3ヶ所チョン付けします。
続いて車内側から、側面→妻面→屋根の順で半田付けします。
画像


屋根表面の凸凹は、半田ゴテで凹側を熱しながらプレスして修正する、ヒートプレスで対応します。
画像


3472号(3600形車体)は、付属する砲弾型を使用せず、シルドビーム用真鍮パイプを使用します。
これは、実車がライトケースと屋根板が面一となるような構造を表現するためです。
また、前照灯点灯化を視野に入れています。機関車用ライトケースを裏に付けて米粒球での点灯化に対応しました。
画像


オデコとの継ぎ目部分に生じる継ぎ目の筋、ここに半田を少し盛ります。
画像


盛った半田を、ニコルソンのヤスリで削ります。
画像


ドア部分の流れ出した半田をキサゲします。
画像


これから面倒なシル・ヘッターと雨樋貼りが待っています…(汗


さて、「南海6201系はどうした?」と言われそうですが、重大ななミスが発覚しました。
詳細は後日で…。結構上手く塗装できただけにショックが大きく…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
「天然生物化学兵器」は、20歳代前半まで縁が無かったのですが、19年前の今頃に、以前勤めていた会社の外回りで、取引先と商談中に突然目の痒みを覚えて以来、現在までお付き合いしています(苦笑
「特効薬」は、お腹に回虫などの寄生虫を飼うと聞いていますが(爆

ニコルソンのヤスリは私も使ってみたいです。未だに古ヤスリでゴシゴシなので、車体に引っ掻き傷だらけになります(苦笑
最近、エコーモデルから穴埋め用半田が発売されていますが、これは鉛と錫の配合を変えているのでしょうか。
マユ35
2011/03/02 08:31
この時期にくしゃみが止まらない症状は結構早かったと思います。
多分「花粉症」と言う症状が公で騒がれる以前から、苦しんでいたと記憶しています(苦笑
「生物化学兵器」の攻撃は薬で抑えられていますが、効き目の持続時間が切れると…。
今のところ、鼻は軽症ですが、目が痒くて堪りません(苦笑

穴埋め半田の存在自体を知りませんでした(汗
多分粘度を上げて、”ヒケ”を押さえているのでしょうか?
販売しているのを確認したら、試してみようと思います。
ズームカー
2011/03/05 13:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
東急3472F その4 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる