お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS SUSキハ.1

<<   作成日時 : 2010/03/29 22:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

知人からの依頼で面白い題材が、倉庫に搬入されました。
国鉄キハ35形900番台車。オールステンレスの気動車です。実車については色々と参考となる資料が、書籍やネットで紹介されています。私自身は縁の無い車両なので、詳細は分かりません(笑
一言で言えば「国鉄が初めて導入したオールステンレス車」となります。オールステンレス車が本格採用になったのは205系電車です。ある意味試作車的な存在でしょうか?

色々と調べ始めたところ、模型の題材としては面白そうです。
気になると止まらなくなり、南海2001系を押し退けて工程に入ってきました(笑
キットはKSモデル製品です。
旧フェニックス系キット特有の組立説明書無し、完成後の側面想像図(?)と部品表だけです。
後は必要最低限の部品が入っているだけの素材キットです(笑
画像


「この部品はここに付ける」とまで分からない初心者には厳しいキットかも知れません(苦笑
床下機器は市販品を使うとして,ライトレンズが別売りは不親切すぎです…。近隣の模型屋さんで取り扱っていればいいのですが、遠出しないと入手できない方には苦労されているかも知れません(苦笑

さて、最初は客室側引戸を組み立てます。
キハ30系列は外吊り扉が特徴です。しかも途中で裾絞りしているのが目立ちます。
膨らんでいる部分は2枚重ねで表現しした構成です。
画像


カンシで仮固定します。
画像


そして穴に半田を流して貼り合わせます。
画像


この状態では端部が密着していないので、カンシで出来るだけ締め付けます。
画像


そして合わせ目に半田を流し、圧着すると同時に毛細管現象で接着力を向上させます。
画像


模型の構造上、客室側引戸の半田付けは後回しにして、乗務員室側開戸を半田付けします。
画像


ここからが楽しめるキットなりそうです。
もしかしたら、苦渋のキットとなるかも知れませんが…(汗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SUSキハ.1 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる