お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年最初の新造車

<<   作成日時 : 2010/01/11 23:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

乾燥待ちの模型は、完全乾燥させるために一週間程寝かせます。
その合間を利用して、搬入されたばかりの新造車を入線整備することにしました。

思い起こせば二年程前ですが、まゆ模型さんの阪急3000系非冷房時代を購入しました。
その時は先頭車の2両組みで、少しずつ編成を伸ばしていく予定でした。
予定はあくまでも予定で、気になるのが須磨浦公園行の6連です。
そこで去年一気に残り4両を追加投入する事を決意しました。

決意したのは良いのですが、追い打ちを掛けるように阪急好きの知人からは
「2150形を挟んだ7連も良いよ」
と誘惑の言葉を受け、更に1両追加投入と、段々編成が長くなってしまいました(汗
さすがに一気に投入するのは難しいので、2回に分けて搬入されました。

年末に最後の1両が搬入されると同時に。小田急デニ1100形搬入されました。
阪急3000系は前者揃ってから整備する予定でした。今回全車揃ったので、合計8両が搬入整備の対象です。
画像


まずは小田急デニから始めることにしました。
前照灯の点灯化や、空気連結器等を特別に追加していただいた特注品です。
その一方では、手持ち部品があるので、台車・動力・パンタグラフは自分で付ける事でコスト削減を図っています。
本来は、関係部品を送って製作していただくのですが…(汗
画像


まずは床板を外します。
画像


ウエイトはいつも通りにマジックで黒色に塗ります(笑
天井には、ユニットライト受を接着します。
画像


ライト受の接着剤が乾燥したら、ユニットライトを取り付けます。
今回は廃車発生品を転用しています(笑
画像


旅客車の場合はここで椅子を取り付けますが、今回は荷物車なので省略します。
ラグ板に配線を半田付けします。
画像


床板を車体に取り付け、最後にパンタを取り付けます。
画像


ペーパー工作は苦手ですが、さすがプロの作品でリベットも打ち出されています。
私にリベッット打ち出しが出来たとしても、研磨の時に潰してしまいそうです(苦笑
画像


いつものことですが、田園調布駅をバックに記念撮影です。
画像


昨年失敗したので、今年からはテーマは決めない事にしました(汗
取り敢えず、関東の電車から始めました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
小田急ニモ電は、晩年には交直流電機のようなローズピンクに塗られていましたが、個人的には緑色に黄色の帯が好きです。緑色は阪和線快速の色に似ていると思っていましたが、後日入手したカラー写真では、名鉄電車に似ていました。
デニ1100形は、昭和39年頃に外板貼り替えでイメージが変わりましたね。
相模鉄道に行った同型車は車体更新まで及んだのか、小田急の匂いが無くなっていると思います。
マユ35
2010/01/13 08:21
小田急の荷電と言えば、最初に浮かぶのが、見慣れていたローズピンクです。
それだけに多々発売、または発表されている作品があるので、面白味がありません。
神奈川県側に入ると緑が多くて、一種の迷彩色になるのでしょうか?職員からの要望でローズピンクに変更した、と言う話を聞いたことがあります。

模型では、緑に黄色帯を巻いた方が”荷電らしい”と思います。
それに多々あるローズピンクの模型とは違う模型が、私には嬉しいです(笑
ズームカー
2010/01/16 22:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年最初の新造車 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる