お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 南海7001系増結車3

<<   作成日時 : 2009/12/06 21:31   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

箱組み後、一気にキサゲする方法を今回も踏襲します。

連妻側の妻板を半田付けします。
車体のねじれを確認・調整した後に、妻板の表側四隅をチョン付けし、問題が無ければ裏側から半田を流します。
画像


先頭妻も似たような方法です。
車体の屋根に比べ、プレスで絞った先頭妻の屋根Rが広がり気味でした。それを指先で調整します。
ある程度修正したら、裾と両肩部分の表からからチョン付けします。
画像


問題が無ければ、裏から半田を流します。
屋根Rは、いつも通り凹側に押すようにして、面が合うように調整します。
画像


ロストのお面と同じように、継ぎ目から半田が出るくらい盛ると、しっかりと流れている証拠と思います。
画像


筋目消しのために継ぎ目に少し半田を盛ります。
画像


少し南海電車らしくなってきました(笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南海7001系増結車3 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる