お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西撮影旅行記13

<<   作成日時 : 2009/06/13 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

長々と続けてきた今年の関西撮影旅行記も、今回で終了です。

阪神間で一番海側を走る割には、海が見られない阪神電車。
須磨浦公園から先で、ようやく海を入れての撮影が出来ます。
この日は曇天だったのが、残念です。
画像


なんば線対応でイメージが変わってしまった阪神9000系が海を背にして快走していました。
改造工事前に撮影しておけば良かったと悔やまれますが、この日撮影できただけでも幸せでした。
画像


山陽5000系には見慣れた海岸線でしょうね。
画像


3両編成で頑張る山陽電鉄の各駅停車。
隣を走る山陽本線との競争で苦戦を強いられている姿にも見えます(涙
画像


赤胴色の阪神8011系が海を背に颯爽と通り過ぎました。
この日は、明石海峡を目指していたのでしょうか?隣を通る国道はほとんど動かないぐらいの大渋滞。
例の高速道路1000円を目当てにした人達の車でしょうが、その日の内に目的地に着けたのでしょうか?
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
近鉄・阪神・山陽連合のような感じですね。
長田ドーム
2009/06/14 15:04
最初の写真は8213-8218の編成ですね。震災被災編成で、大阪寄り2両が分散クーラーの最初期車(8213-8013)で車体断面が異なり、神戸寄り4両(8117-8118-8018-8218)より若干屋根が低いのがマニアックです。ぜひ模型化したい編成なのですが、私のアバウト工作で屋根高さの違いが再現できるかどうか・・・?
いぶき工房
2009/06/16 22:39
山電の滝の茶屋駅は、海をバックに走る電車が撮れるので、昔から撮影のメッカでしたね。但し、20年前に海が埋め立てられて海浜公園のような施設が造成され、海が遠くなったのは残念ですが・・・。西舞子で明石海峡大橋をバックに走る阪神電車にも挑戦したいです。
最後の写真は、昭和9年の山電絵葉書の場所に近いですね。
マユ35
2009/06/20 05:56
長田ドーム様
関東では三社の車両が入り乱れての直通運転が当たり前になってきましたが、関西では阪神が始めてではないでしょうか?
近鉄特急が山陽電鉄に入る構想もあるようですね。
ズームカー
2009/06/21 11:46
いぶき工房様
編成内容まで気にしていなかったので、被災車による組み替え編成とは気が付きませんでした(汗
模型で屋根高さの違いを表現するのは難しそうですね。
R車のように製造時期(仕様)の違いによる、明らかな屋根高さの違いなら作り分けられそうですが…。
キット組立は行いますが、自作が出来ない私にはR車すら無理な話ですが(汗
ズームカー
2009/06/21 11:53
マユ35様
海を真横に見ながら走る山陽電鉄でも、実際に海を入れての撮影は意外と難しいですね。
昔の雑誌等に掲載されたと思われる場所も、木が生い茂ったり、開発されて建物が増えたり…。
ダイヤ改正で山陽車と阪神車が交互に来るようになったので、直特狙いの撮影はしやすくなったのは助かります。私も明石海峡大橋をバックに走る阪神車も狙ってみたいです。
ズームカー
2009/06/21 12:02

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西撮影旅行記13 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる