お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西撮影旅行記12

<<   作成日時 : 2009/06/07 11:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

1ヶ月経っても終わらない旅行記ですが、もう少しだけお付き合い下さい。
電鉄須磨から須磨浦公園に移動して、ほぼ中間点です。

阪神8011系は、やはり赤胴色だとつくづく感じます(笑
画像


山陽3200系です。
2000系が現役から退いて久しいのですが、この3200系の足回りは2000系のを使用しているそうです。
MM出力が低い分、3両編成だとか。
逆に模型化しやすい形式でもあります(笑
画像


連休でしたので、駅前に弁当やケンタッキーが屋台を出していました。
曇天でしたが、平日に訪れた時とは違って活気がありました。
画像


ローレル賞を受賞した3000系1次車とロープーウェイ乗り場の組合せです。
MM出力は高いですが、編成替えで3両化されています。
むしろ登場時の姿に戻ったとも言えます。
併用軌道時代を経験した生き証人ですね。

残念ながら、ロープーウェイには未乗車です。
いぶき工房さんのブログに、ロープーウェイに乗ると素晴らしい光景が見られるのが分かります。
電車撮影を優先して、観光の方はサッパリです(笑
画像


民鉄派の私が、今回の旅行で唯一撮影したJRの写真です。
民鉄に大打撃を与えたJR西日本の新快速。
その基本を作り上げたのが221系でした。
更にスピードアップを求めて223系が登場し、快速運用に回りましたが、私の中では”新車”です(笑
画像


須磨浦公園駅から塩谷方に移動すると、謎の階段跡がありました。
写真だと分かりにくいですが、かなり風化しています。実際に見ると階段だったことが分かります。
保線用に使われていたのでしょうか?
画像


階段跡を見つけた後は、塩谷方面に移動しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
「謎の階段跡」は、文献で調べると「旧須磨浦公園駅」のようですね。昭和23年開設で昭和32年に現在位置に移設とあります。反対側にも線路に続く意味不明の坂道があるのですが、これも旧駅へのアプローチでだと思われます。
私はこの階段を、トマソン物件の「純粋階段」と命名します(笑
須磨浦公園駅は、普段は閑古鳥の棲み家ですが、正月の初日の出や桜の季節にはかなりの人出となります。
京阪の男山ケーブルと同じ感じですね。
マユ35
2009/06/07 20:14
やっぱり阪神は、赤胴色ですね。
長田ドーム
2009/06/10 19:04
お近くまで来ておられたんですね。ロープウェイ、カーレーターを乗り継いで回転展望閣に至れば、そこはもう「昭和」。ちと運賃は高いですが、またの機会に乗ってみてください。山陽線内はなんば線開業後阪神1000・9000系が基本的に休日しか入らなくなったので、少し寂しくなりました。
いぶき工房
2009/06/13 09:09
マユ35様
須磨浦公園は現在位置と違ったのですか。興味深いですね。
位置からすると、阪急・阪神乗り入れ時に移転したのでしょうか?
ちょうど現在の引き上げ線のあたりでした。
昨年は平日に訪れたので閑散としていましたが、今年は活気のある須磨浦公園駅が見られて良かったです。
ズームカー
2009/06/13 21:04
長田ドーム様
更新後の眠い感じの塗装より、赤胴色の方が綺麗ですね。
今回は訪れませんでしたが、ジェットカーも青胴色が綺麗で好きです。
ズームカー
2009/06/13 21:07
いぶき工房様
昨年は比較的ゆっくりと撮影していたので、その時に回転展望閣まで登れば良かったと…。
今回は、電鉄須磨→電鉄塩谷まで歩きながら撮影したので、立ち寄る時間がありませんでした(汗
もっとも当日は曇り空でしたので、快晴の日に登りたいと思います。
ズームカー
2009/06/13 21:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西撮影旅行記12 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる