お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西撮影旅行2

<<   作成日時 : 2009/05/06 13:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

南海高野線の貨物ターミナル駅だった木津川駅を訪れてみました。
今は貨物列車も無く、角Zが行ったり来たりするだけです。
画像


この広大な土地に、貨車がたむろしていた時代を見たかったです。
強者どもが夢の後で、広大な用地には草が生い茂っているだけでした…。
画像


ホームの造りも、西天下茶屋と同じく時間が止まったままかのようです。
画像


「バリアフリー」「安全推進」の名の下に消え去りつつある構内踏切。
未だ健在だったのは嬉しかったです。
関東では、ほとんど見られなくなりました(涙
画像


駅舎は建築当時から変わりは無さそうです。
旅客用の駅舎だったのでしょうか?
貨物扱いをしていたには、小さい気もします。
この駅舎も無人駅化されていました。駅前を通り過ぎる人すらほとんどいませんでした。
画像


南海形電気機関車が一生懸命入換えをしていた風情すら、今では思いも寄らない姿です。
画像


有人駅だった頃には、どちら行きか知らせていたと思われるランプです。
玉切れをしたのか?今では機能していませんでした。
画像


ホームは嵩上げされたようです。その跡が分かります。
画像


角Zから下車する客も無く、汐見橋絵と電車は発車しました。
画像


大阪の街で、ポッカリと明いた穴のような不思議な駅でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
木津川駅は20年前と余り変わりませんね。強いて言えば改札口が自動化された程度です。
駅本屋が小さいのは貨物中心で旅客は脇役だからでしょう。東武鉄道の葛生もこんな感じでしょうか。
大阪市内で「時代を間違える」光景は、汐見橋線と阪急中津駅ガード下ですね(笑
それでも汐見橋線の右に出るものはありません。
マユ35
2009/05/06 20:03
貨物で賑わっていた頃を見てみたいものですね。
長田ドーム
2009/05/07 21:41
マユ35様
汐見橋線自体、時間が止まった感じですね。
木津川は貨物駅がメインで、旅客は貨物を水運に従事する人達の駅だったのでしょうか?
今となっては”古風”な駅ですが、駅の造り自体は決して簡易な感じではありません。
ズームカー
2009/05/07 23:18
長田ドーム様
小振りな南海形電気機関車が、一生懸命貨車を牽引していた時代を見たかったです。
紀ノ川で採取した砂利や、沿線で採れた作物等を満載した貨物列車が、木津川で忙しく積み替えられていた姿を見るのは楽しかったでしょうね。
ズームカー
2009/05/07 23:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西撮影旅行2 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる