お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 阪神5311形の搬入

<<   作成日時 : 2009/02/02 20:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ネットオークションで落札した阪神5311形。ロコモデルのキットを組んだ物でした。
早速、「まゆ模型」さんに再生工事をお願いして、綺麗に再生されて戻ってきました。
画像


昨年の蒲田模型ショーで入手したエンドウ製TR−50がついに活用される時が来ました。
トラクションモータの軸距が26mm。対するTR−50は25mmなので、軸穴部分の削って拡巾しました。
ピボット軸受をプレーン軸にする必要もあり、意外と手間が掛かりました。
外側のブレーキシューが邪魔になりますが、幸い実物がシングルブレーキシューなので、アッサリ切り落としました。
軸端にはグリースを塗布して、台車を組み立てます。
画像


床板に台車を取付けます。
また、片側の車両のみ前照灯切換スイッチを追加しました。
画像


前照灯切換え用のダイオードと前照灯を組立てます。
同じ作業なので、東京急行譲渡車用のダイオード板も一緒に組立てました。
画像


「まゆ模型」さんの心遣いで、ユニットライト受けと前照灯点灯の準備工事をしていただきました。
ユニットライト受にユニットライトを取り付け、前照灯類も取付けます。
画像


お馴染みの300円ロングシートを適当な長さに切断し、両面テープで取付けます。
続いてライトの配線を、台車中心ピンラグ板に半田付けします。
画像


車体と床板を結合して、艤装工事が完了です。
画像


台車を灰色に塗る必要があるのですが、「相棒が不在を」理由に次に塗装する機会があるまで、本線試運転を続ける予定です。
相棒をどうするか?思案中です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
5311形は3521や7861の後期型と同じ雨樋埋め込みのすっきりした顔でした。相棒はジェットシルバー!と言いたいところですが、このモデルにクーラーが付いていることに気付き、あわてて引っ込めたところです。それならば個人的には5151形あたりが似合うかなと思いますが、3801と同じフェニックスの新5001形2連と組むのも良いかも知れません。
いぶき工房
2009/02/03 23:51
いぶき工房様
種車を入手した際には、非冷房車化も考えましたが、大手私鉄で最初に100%冷房化を達成した阪神電車に敬意を払い、冷房車のままで再生工事をしてもらいました。
私も5151形を筆頭候補に考えています。第2候補としては5261形も頭に浮かんでします。
裾が丸まい車両の方が、関西の私鉄車両らしくて好ましいのですし、敢えて経済車と同じ車体同士を併結するのも一興かと(笑
ズームカー
2009/02/05 22:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
阪神5311形の搬入 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる