お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 譲渡車両(8)

<<   作成日時 : 2008/10/05 18:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

カツミ式配管止めを使った場合は、先に曲げておいて、上から乗せるだけで済むという利点があります。
東京急行のキットの場合は、カツミ式を利用したので、その点は楽です。ただ1カ所1カ所半田付けしなければならず、これが意外と時間掛かります。
画像


コテ先の手入れをしながらしていると、いつの間にか2時間以上も経過していました(汗
画像


直線が出し切れていないのは、私の腕の悪さを証明しています(滝汗
画像


パンタやヒューズに引き込まれている配線部分には、φ0.3の真鍮線を焼き鈍してから、半田付けしました。
配管の管端ブッシュを表現するために、極細パイプを使われる例を見受けます。さすがにそこまで出来る腕は持ち合わせていません。
画像


ユニットライトと、運客仕切りの取付座を半田付けします。
画像


クーラーキセを載せてみると、感無量です。自己満足なのですが(笑
画像


ある程度まとめて塗装したいので、この後は、残っている南海20000系1次車の半田付けをする予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
譲渡車両(8) お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる