お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 譲渡車両(1)

<<   作成日時 : 2008/08/27 21:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

サザンの乾燥待ちの間に、別物件の半田付け工作を開始しました。
某模型店に眠っていた東京急行1000系池上線仕様のキットを売ってもらいました。
画像


そのまま組み立てても良いのですが、友人の要望もあって譲渡車両として組立てることにしました。
床板を止める部分は車体を折り曲げて構成していますので、アングル取付も無く、それ程苦労は無さそうです。
毎度のことですが、ドア貼りから始めます。
マスキングテープを利用して、ドアを仮止めします。
画像


ドア板の下部を折り曲げて靴ズリを表現すると共に、位置決めも出来るので助かります。
ドア下部に半田を流して、マスキングテープを剥がします。
画像


ドアの周囲に半田を流して、ドアを本付けします。
画像


酷暑が過ぎたとは言え、よくも熱い作業をしていると自分でも呆れています(笑
モードは半田付けになってしまったので、サザンの作業が中断してしまいそうなのが怖いです(汗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カ○ミのキットは完成品のバラシなので組みやすいと思います。私も東武7820系の組み立てをしたことがありますが、容易く組めました。ただ。最近は少量生産なのか、エッチング多用とプレス金型流用での繰り出しのコバが目立ちました。
マユ35
2008/08/30 21:29
完成品を量産することを前提にしたキットですので、色々出されているキットの中での組み易さは一番です。
まぁ、最近のガンプラみたいにパチパチと嵌め込んで組めるような容易さではありませんが(笑
ステンレス車の場合はエッチングが避けられませんね。
プレスの金型も流用できる物は流用しないとコストに響いてきますし…。
それでも、高額になってしまうので、最近は完成品に易々と手が出せなくなってきました。どうしても欲しくて、自分では塗装出来ない形式以外はキットに切り換えています。そのキット自体もドンドン高額化の道を辿って…(泣
ズームカー
2008/08/30 23:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
譲渡車両(1) お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる