お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 塗装

<<   作成日時 : 2008/08/02 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

傷がある部分には、濃い目のサーフェーサーを塗り、#400→#800の順でペーパー掛けしました。
画像


マスキングのしやすさを考慮してサザンは濃い方の緑を吹き付けました。
画像


フリーEHは国鉄直流機の一般塗装にしました。
こちらも、マスキングのしやすさで、クリームを塗りました。
傷が心配なので、全体に吹いてみたところ、屋根にまだ少し傷が見られます(苦笑
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
塗装をしたら傷を発見することは多々ありますね。真鍮工作をした後に耐水ペーパーで水砥ぎしても気付かない時があります。
サーフェーサーで下地を作るのは実物と同じですね。
マユ35
2008/08/03 20:27
真鍮地肌だと、どうしても細かい傷を見落としがちです。
その傷を隠す意味でもサーフェーサーを使用しています。
屋根は濃い艶消し塗装をするので大抵は隠れますが、今回は屋根も青一色とする予定なので、傷は消しにくいです。念のため全体に吹いて発見できて良かったです(汗
ズームカー
2008/08/03 21:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
塗装 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる