お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 望遠で試し撮り

<<   作成日時 : 2008/07/09 21:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

駅撮りすると、信号機や継電器箱とかが入るので、望遠側のズームレンズを購入しました。
早速、小田急線をいつも撮る場所で試し撮りしてみました。

いつの間にか?正面にマークが付くようになった一般車です。
画像


1000系だけの綺麗な10両編成が来たのに、新4000系に被られて…(苦笑
画像


ロマンスカーは正面にマークが付かないのですね。
画像


ハイデッカーが裏目に出て、今や肩身の狭いHiSEです。
「バリアフリー」には感心が無かった時期に登場したのが仇となった形です。
時代の移り変わりは、意外な所で影響する物です(苦笑
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
カーブしている区間では、下手をすると正面だけを撮ってしまい、編成両数がわからないことがありますね。
昨今は行政指導でバリヤフリー化が推進され、在来車が改造されたり、淘汰される傾向です。その昔に旧型客車のデッキでぶら下がった者としては、隔世の感がします。
さて、視覚障害の御方は、その分「四感」が優れていると聞いています。先日も阪神電車の駅で、白い杖を持った乗客が灰皿の場所にピタリと止まり、タバコを燻らせたのには感心しました。
マユ35
2008/07/12 11:57
直線区間だと編成両数が分かりやすいですね。
10両編成以上だと、編成全体を入れるのが大変ですが(汗
バリアフリー化が進むに連れて、車両や駅側の更新が進んでいます。
それ自体は時代の要求だと思いますが、見慣れた物が消えていくのに一抹の寂しさを感じます。
安全面で橋上駅舎化して構内踏切を廃止したりしましたが、上下移動の少なさという点では、構内踏切で移動の方がバリアフリーな気もしますが…。
なかなか両立しない物です(苦笑
ズームカー
2008/07/12 20:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
望遠で試し撮り お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる