お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 関西撮影旅行(11)

<<   作成日時 : 2008/05/28 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

撮影旅行記も、今回で終わりです。

25分遅れで、漸く発車した橋本行き。
戻ってきた駅員に、事故で起きたのか尋ねたところ、当の紀伊清水駅で信号機故障。運行は再開したとの事でした。
単線区間でダイヤが乱れると撮影しにくいし、帰りの足も心配。
とりあえずホームに出て、難波方面に戻って、汐見橋線を撮影するか?悩んでいたところに快速急行:難波行きが到着。橋本で交換する予定だった極楽橋行きがノロノロと入線。
信号機故障は直っていないようで、代用閉塞で運行を再開したようでした。
運行を再開したので、当初の予定通り一駅先の学文路へ移動しました。
学文路駅から極楽橋方向に移動して、撮影を再開しました。
画像


鉄柱との組合せを狙ってみましたが、2両編成の2300系だと厳しかったです。
画像


看板列車の「こうや号」は意地でも定時運行をしたかったのでしょう。1本だけ5分遅れで通過しましたが、他の2本は定時で通過しました。
一方、他の列車は20分遅れを出していましたが、撮影を終える頃には5分弱の遅れまで取り戻していました。
画像


最終の「こうや10号」まで粘りたかったのですが、遅れ気味の状況で橋本での接続が悪い場合、接続する急行に乗り遅れそうな予感がし、早めに切り上げて駅で「こうや10号」を迎えました。
画像


続いて来た橋本止まりの普通列車は、朝のラッシュを思い出させるような超満員…。
無理矢理乗り込んで、ドアに押し付けられながら橋本に到着。
迎えのホームには6001系8連の急行が待っていて、押し出された勢いのまま乗り換え。無事座れました(笑

難波で土産物を物色し、梅田で夕食後に新大阪へ移動。
ダイヤ改正を辛うじて生き残った500系のぞみに乗車して帰途につきました。
窮屈感があると言われる500系ですが、ビジネス特急化された700系より、内装の雰囲気は好きです。
画像


これで最後の乗車になりそうな500系で終わった旅行でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
南海新2000系は、本線の普通運用にも使われるようになりましたね。まだ乗ったことはありませんが、やがて支線で活躍している2200系を追い出して、かつての大運転を偲びながら欲求不満な走りをするのでしょうか。

新幹線の新型車両は、いまだに「100系」を連想します。東京からの帰りにカフェテリアを利用したのが懐かしいです。「個室」があったのはバブリーでしたね。
マユ35
2008/05/30 07:55
運転形態の変更で、一部が余剰車となってしまった2000系。初期の車を中心に本線へ移籍したようですね。天下茶屋で本線を走る姿を見掛けました。
長い間4扉車が活躍した本線。長年の慣れに対応して「2扉車」を掲示して走っていますね。ちょっと不細工になってしまった感じが…(汗
新8000系の登場で、まずは軟鋼車を廃車していくのでしょうが、その先には2000系を支線に送り込む構想もあるのでしょうか?先行きが気になります。

100系新幹線は登場したばかりの車両のイメージが強いのですが、今や東海道区間から姿を消し、山陽区間を短い編成で走る姿に…。
100系は、新幹線が日本最高の特別急行列車としての象徴だった頃の”優雅さ”を持った車両でした。2階建て食堂車、カフェテリア車。食事時間帯でなくても、わざわざ利用した物でした(笑
ズームカー
2008/06/01 01:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
関西撮影旅行(11) お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる