お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 新顔

<<   作成日時 : 2008/04/15 23:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

軽い気持ちで入札したネットオークションでアッサリと神戸電鉄のデ100形を落札しました。
上住吉ワークス(現まゆ模型)さんの製品です。
10年以上も前の製品ですが、表面の劣化もなく良い状態の物でした。
画像


早速、室内灯とシートの追加を行い、私の標準仕様としました。
屋根上の踏み板(?)が綺麗に並んでいるのが、お気に入りです。
画像


抵抗器の防熱のためでしょうか?外板の一部が床下まで下がっているのが特徴です。
画像


有馬温泉に向けて、50‰の急勾配に挑もうと発車するイメージです。
画像


関東の人にはなじみが薄い電車です。
友人からは「何故?」と首をかしげられます(汗

神戸電鉄の魅力は実際に乗車して分からないでしょうね。
同じ50パーミルの急勾配がある南海電鉄高野線とは違った魅力があります。
通勤・通学客を満載して、高頻度運転される姿は、神戸電鉄ならではの魅力です。
当面は1両で湊町−鈴蘭台の区間運転に専念させますが、将来的には2両編成で新開地−有馬温泉の王道運用に入れてあげたいと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
神戸電鉄に乗ると、神戸を出発して10分も経たないうちに大阪湾を望むことができます。モーターは案外大馬力ではなく、100馬力位だと思います。更新車800系の電気制動の音が、付近の山にこだまさせるのでは無く、か細く坂道を下っていたのを覚えています。また三木市在住の知人に聞いた話では、粟生線の大村付近で通学生を満載した200形が坂道を登れなくなったそうです。そういえば南海高野線の561形も、車番から56馬力と云うのが判ります。もっとも、2個か4個モーター装架の違いがあるので、単純にモーターの出力が電車のパワーでは無いでしょうね。
マユ35
2008/04/17 21:02
あれよあれよと言う間に大阪湾が見渡せるような高さに上っていくのが魅力ですね。
意外と出力は低かったのですね。そう言えば初の新性能車デ300もオールMとはいえ、当時標準の75kWでしたね。
ズームカー
2008/04/20 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
新顔 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる