お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕様統一化工事

<<   作成日時 : 2008/02/18 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

以前中古で入手した「まゆ模型」さんの製品:南海初代こうや号を、併結する1253号に仕様を合わせる工事を行いました。
と、言ってもパーツを交換しただけですが…。

まずは、前照灯を南海用に交換しました。
左が交換前、右が交換後です。
画像


コンプレッサーをAK−3からD3FRに交換しました。
右が交換前、左が交換後です。
画像


主制御装置もAUR制御器に交換しました。
左が交換前、右が交換後です。
画像


交換後だけを見ると分からないですが、前照灯交換で顔立ちがハッキリとしたような気がします。
床下機器は効果が分かりにくいので自己満足になりますが、これで回生制動を効かせながら山を下りられます。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私が16番鉄道を経営していた頃は、徹底した部品の共通化を図っていましたね。ネジ1本まで共通にして、国鉄顔負けでは無かったでしょうか。それで縦型モーター+連動ギアの組合せも、平成に入っても続いていました。部品を共通化することは、互換性を持たせることが出来るので、休車が発生したときは、現役の車両に部品を回すことも出来ます。
マユ35
2008/02/19 08:13
部品の共通化はほとんど意識していません…。
ネジ1本まで徹底されていたのは驚きです。
廃車発生品や余剰部品を使い回すのはよくやりますが(笑

確かに部品の共通化を図れば、使い回すことが出来るのも良い手です。
国鉄と同じ考え方ですね。
ズームカー
2008/02/19 21:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕様統一化工事 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる