お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 7700系三態

<<   作成日時 : 2008/01/05 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今日は友人と軽く蒲田駅で東急池上線・多摩川線を撮影しました。
日本初のオールステンレスカー:7000系をVVVF・冷房化を含めた更新工事をした7700系。今では東急で車齢が一番古い車になります。
既に目蒲線分離で一部の余剰車が廃車され、更にその一部が十和田観光鉄道で余生を暮らしていますが、新7000系登場で今後がどうなるか?が気になる車です。

7000系1次車を加増した7710F。貫通扉の角が丸まっていない等、後期の7000系とは細かい部分で違いがあります。
画像


最初に改造された7701F。その後改造された車とは屋根上の歩み板の形状が違っています。
画像


池上線ワンマン化の時に4→3両編成化・ワンマン化工事を受けた7713Fです。
この当時更新工事を受けた8000系等と同じく、通称:歌舞伎のシールが貼られています。目蒲線分離の時に同様の改造を受けた編成は、この装飾を廃止されました。
7700系では3編成のみ施されています
シャッターを押すタイミングを間違えて中途半端な写真になってしまいました(汗
画像


この他に、4→3両編成化された時に余剰となった中間車を先頭車化した7715Fもあります。今日は生憎お昼寝の日のようでした。
因みに東急では上り方先頭車の車号を編成番号としていますが、形式とはかけ離れた番号となるため、敢えて7701F等と書いています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
7700系は、高度成長期の東京急行の代表格であった風格を残していますね。大阪にも、こっそり水間鉄道で走っています。
以前の鉄ピク特集号で、7700系を「解剖」していた記事がありました。よく調べたと感心してしまいましたが・・・。
やはり、7000系時代が好きなのは、私が60年代フェチだからでしょうね。
「歌舞伎」は、云われて見ると確かにそうです。昨今の新系列車に「あいや〜、待たれぃ〜!」でしょうか。
マユ35
2008/01/06 07:41
ドル箱路線:東横線の主だった旧7000系。一時期の東急の顔でした。
各地で第2の人生を歩んでいる仲間もいます。
水間では最近更新工事を受けて、まだまだ活躍できそうです。
最低50年は使えるという売り込みで登場したオールステンレスカー。東急で50年使われるか?気になります。確かに新7000系に「あいや、またれい」と言いたいでしょうね(笑
その一方で、「13年間保てば良い」と言う発想で作られた209系。13年以上は使われましたが、廃車が始まったようです。オールステンレスカーの考え方も変わってしまいました。
ズームカー
2008/01/06 09:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
7700系三態 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる