お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 窓・扉埋め作業

<<   作成日時 : 2007/10/08 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

南海30001系を現行仕様とするためのもう一つの難関が、トイレの窓と、西側業務用扉の埋め込み作業です。
真鍮板を扉と窓の開口部に入るように切り抜きます。そして切り抜いた板を開口部にはめ込みます。
画像


表・裏共に半田を流します。東側の業務用扉は残っていますので、キット付属の扉を裏から半田付けします。
画像


客用側折り戸はプレス表現の物です。靴ズリも表現されていますので、靴ズリを開口部の下端に合わせて仮止めして、半田を流します。
画像


位置に問題が無ければ、左右にも半田を流します。
画像


片側1ドアの特急車なので、ドア貼りの枚数が少ないのは助かります。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
既に∩型になっている車体に、糸鋸の刃を通すときは、フレームが引っ掛からないように神経を遣いそうですね。くしゃみでもすれば、ピンと刃が折れそうです。
さて、当地ではテレビの南海電車CMで、こうや号が登場しています。
マユ35
2007/10/11 12:18
ご指摘の通り、曲げ済みのボディーに糸鋸を通すのは勇気が要ります。くしゃみはしませんでしたが、1本刃を折っています。やりにくさの影響ですね。
ズームカー
2007/10/11 22:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
窓・扉埋め作業 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる