お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 先頭妻取付

<<   作成日時 : 2007/08/01 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今回は南海2300系の先頭妻取付けです。

お面のパーツは前にも紹介した通りロストワックス製です。つまり一種の鋳物ですね。
鋳物の宿命として出来・不出来に個体差があります。基本的には型の通りに出来上がりそうな物です。でも実際には合わせ目の段差のような細い部分は、流れ方の違いにより出来・不出来が出てしまいます。
合わせ目の部分は、実際に合わせてヤスリで修正します。
修正が終わったら、車体の捻りがないか?確認して表からチョン付けします。
画像


裏からは思いっ切り半田を流します。表にはみ出すくらい流さないと、見えない部分で流れていないことがありますので。
画像


側面部分にも思いっ切り流し込みます。
アングルを斜めに切欠いているのは、半田ごてを入れやすくするためです。私は強度的に問題ないと思っています。不安を感じられる方にはお勧めしませんが…。
画像


裾絞り車体なので、経年劣化した時の半田割れを考慮して。表からも半田を流しています。
また、合わせ目の修正の時に削りすぎた場合は、やはり表から半田を盛って誤魔化しています。
画像


次は4両もキサゲ作業する面倒な工程です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
先頭妻取付 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる