お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS リトトライ(その3)

<<   作成日時 : 2007/06/09 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ペ^パーモデル工作もディテールアップまで来ると面白い物です。
屋根歩み板の取付脚をを取り付けた後、パンタ台とパンタ脇の歩み板を接着します。
画像


室内天井にはユニットライト受けを接着します。
画像


いつか使うだろうと廃車になったペーパーモデルの床板。ついに日の目を見ることになりました。元々20m車の床板ですので、短く切ります。台車中心ピンの位置等をケガいて、穴明けをし、床下機器をそれらしき並べて接着します。
屋根歩み板は厚紙を8mm幅に切り出して、サーフェーサー仕上げします。
前面には引っかけ式尾灯を接着すれば、塗装前までの工程が終わりました。
画像


南海1251形らしく見えるでしょうか?
まぁ基本はプロが組んだ物ですから、見えないとなれば私の腕が悪いと言うことです(苦笑
今日塗装に入ろうかと思いましたが、関東は生憎の曇り・雨模様。今後は梅雨に入るでしょうから、夏までお預けになりそうです(苦笑

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
紙製車体に真鍮の帯材を貼るのは最近の傾向ですね。私は未だに紙ですが・・・。但し、内張りのケント紙ではゴツくなるので、0.2ミリ位の薄い紙を用いています。
下回りの床下機器が賑やかなところが1251系の特徴ですが、その分重みも増してウェイトが要らないのではと、思ってしまいます。
マユ35
2007/06/10 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
リトトライ(その3) お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる