お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 南海2017形完成

<<   作成日時 : 2007/06/03 19:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

南海2017形:モハ2018号を一気に完成させました。
まずは下回りからです。モータは強出力のEN22を使用します。これは将来的に「くろしお号」:4両編成に対応することを視野に入れています。モータにリード線を半田付けします。
画像


モータにモータホルダーCDを取付けて、床板に取り付けます。
画像


MPギヤは軸端にグリースを差してから台車に組み込みます。実車の台車は「D20」と言う特殊な台車を使用していました。この台車はどこからも出ていませんので、メーカ指定のDT−11で代用します。
画像


台車を床板に取付けます。
画像


モータとMPギヤをユニバーサルジョイントで接続します。
画像


ウエイトを取付けて
画像


モータリード線を台車中心ピンと一緒に取付けたラグ板に半田付けします。
画像


下回りだけの状態で試運転をします。極性が合っているか?他の車と伴走させると万全です。試運転で問題が無ければ、室内灯配線をラグ板に半田付けします。
画像


下回りを車体にビス止めして、ライトレンスを取付たり、インレタを貼れば完成です。
画像


当面は1両ですので、東線の各駅停車か天王寺支線でのんびり運用に付く予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
極性の確認には、9v乾電池の端子を線路に押し付ければ一発で判ります。EN22+MPギアなら機関車並みのパワーで、単行運転では持て余し気味となりますが、実物でも阪急100系が嵐山線でストレスを溜めていましたね。
マユ35
2007/06/04 07:20
電池による試験方法は良いですね。毎回コントローラを出す手間が省けます。
過剰出力ではありますが、思い切って将来計画の「くろしお号」に向けての準備です。
ズームカー
2007/06/05 20:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
南海2017形完成 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる