お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 委託工事

<<   作成日時 : 2007/05/21 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

知人から半田付け工作のみを依頼されて、FUJIモデルさんのキハ30の組立を開始しました。「電車派」の私としては気動車組立は初めてになります。と言っても、組み方は電車と代わりはないのですが(笑

特徴的な外吊りドア、貼り合わせで表現します。
画像


カンシで仮に止めてから、裏に開いている穴に半田を流します。
画像


合わせ目にも少し半田を流した後、裏をキサゲして6枚のドアを組み立てます。
画像


次はドア貼りです。いつも通りマスキングテープで仮止めして、
画像


下辺に半田を流します。
画像


位置に問題が無ければ、全周に半田を流します。
画像


窓枠や窓セルを貼るのに支障する余分な半田をキサゲします。次は乗務員室側開戸を貼る予定です。


南海2017形は屋根塗装が終わりました。大分南海電車らしくなってきました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
キハ35系は、私の一番好きな気動車ですね。小学生のときに動物園前で市バスを待っていると、関西線のキハ35系が環状線の101系と競走しているのを見ました。閑散線区で使われていると、国鉄の「事大主義」を感じたりはしましたが・・・。両運転台のキハ30は、実のところ見たことも乗ったこともないのです。友人は川越線でキハ30−1を見たと云っていました。
マユ35
2007/05/22 12:50
ツートンカラー時代のキハ35系は貧弱ながらも風情がありましたね。キハ17系にサンドイッチされた編成で、キハ35系列が目の前に停車するとガッカリした物ですが(苦笑
関東では、キハ17系列が駆逐された後にはキハ35系ばかりで、特に川越線はステンレス製を初めとして、キハ35系の展示場でした。
ズームカー
2007/05/23 21:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
委託工事 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる