お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 窓セル貼り

<<   作成日時 : 2007/04/07 13:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

南海2000,2300系の最終組立工程に入りました。

まずは窓枠の貼り付けです。2300系のドア間の窓は窓枠が無く、先頭寄と連妻寄りだけ裏から窓枠を接着します。
画像


2000系はドア間の窓も窓枠があるので、同じように接着します。
画像


大凡の寸法を測って、先頭の窓セルを切り出して、裏から接着します。
2000系は表示器付近の表現をしたエッチング板も一緒に接着します。
画像


続いて側面の窓セルを接着します。
画像


ユニットライトを付けた後だと作業しにくいので、表示幕を裏から接着します。これは接着剤を使用せず、メンディングテープを使用すると位置決めがしやすいですし、セロテープのように経年劣化の心配もありません。
画像


先頭にも幕を付けると雰囲気が出てきました。
画像


2000系のクーラーキセは、網の部分を接着します。
画像


次は面倒な照明関係の作業に入る予定です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
2300系「さくら」のグラデーションは塗装では無理で、やはりデカールとなりますね。2000系は未だに「新2001系」と呼んでいます。登場時の緑色が好きで、エッチング板を誂えての模型化を考えたことがあります。新塗装に変更の時に、コルゲートの部分が無理矢理削られた跡が見苦しい思いをしたことがあります。後日、銀色のテープを貼って隠していましたが、当時の設計担当は将来の変更は予期せずに、デザインしたので、9001系と共に新塗装への変更は胸を痛めたでしょうね。
マユ35
2007/04/07 20:32
実物もそうですが、印刷技術の向上で2300系のようなグラデーション表現が可能になりました。
この帯はディカールではなく、シールです。最初若干抵抗感を抱きましたが、使ってみると問題は無いようです。メーカーさんは苦労されたと思います。
緑帯の2000系も計画しています。まだまだ先になりますが…。
折角綺麗な緑帯だった2000系もデザイン変更で無惨な側面になっているのは残念です。9001系もそうですが、緑帯を剥がした痕が無惨で、担当者は無念だったでしょうね。
私は、旧型車を2001系、現行の車は2000系と呼び分けています。知らない人には分からないでしょうけど(汗
ズームカー
2007/04/08 00:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
窓セル貼り お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる