お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 歩み板取付

<<   作成日時 : 2007/02/07 22:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

今回は、歩み板の取り付けです。

準備として単部の三角部分を裏から半田を流しておきます。これは三角にするために切込みがあるので、その強度を確保するためです。
画像


説明書の通り、車体中心から13mmの位置にケガキ線を入れて、それに合わせるようにテープで歩み板を仮止めします。
画像


車体中心側に半田を流します。側面は半田を流さなくても、中心側から流し込んだ半田が、歩み板の中に流れ込みますので十分保ちます。
画像


後は十分にキサゲをすれば、歩み板の取り付けは終わりです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
歩み板は車体前後に長く付くのはよいアクセントですが、工作するときは意外に面倒に感じることがあります。「歩み板が命!」の阪急在来車は背の高いのがウリなので、丹念に脚を植えていかなければなりませんね。エコーモデル製はエッチングパーツですぐにヘナヘナになるので、プレスのしっかりとした製品が欲しいところです。
マユ35
2007/02/09 07:48
長い歩み板は、屋根上の見栄えをよくするので効果が大きいですね。
ただ、直線と平行をうまく出すのには一苦労させられる作業でもあります。
旧型車タイプの歩み板は良い材料が無いのは同感です。エコーさんのをよく利用していますが、足下がグニャッとするのには閉口します(苦笑
ズームカー
2007/02/10 01:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
歩み板取付 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる