お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 東武最後の吊掛車

<<   作成日時 : 2006/12/16 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

東武鉄道最後の吊掛駆動車:5050系が今日でラストランらしいとの情報を得て、今日は東武宇都宮線に行って来ました。
日光線では「ラストラン」イベントがあったらしいのですが、そちらは混むと予想したので一般営業に入るとの情報があった宇都宮線にしました。選択は正しかったようで平穏に撮影を楽しめました。

今回は気合を入れて(?)初電で浅草駅に向かいました。浅草駅では同じ東武顔の8127Fがお出迎えです。幸先は良さそうです
画像


6:20発の快速で栃木駅に向かい、宇都宮線に乗り換えました。目的地:国谷では早速交換で反対側に5160Fが停まっていました。慌ててカメラを取り出して、とりあえず後追いで1枚です。
画像


イベントの対象ではいので特別なマークも付けずに折り返してきてくれました。
画像


光線の状態も良くなってきて、今度こそ栃木行をバッチリ。
画像


戻って来た宇都宮行はマークを付けて来ました。新栃木駅でセレモニー的な行事があったんでしょうか?
画像


そろそろ同じ場所に飽きたので、一駅奥のおもちゃの町へ移動です。折り返してきた栃木行ではマークを外されていました。多分片道だけの予定だったんでしょうね。
画像


個人的にはマーク無しで普通の姿を撮影したかったので問題無いです。逆に考えると貴重なマーク付も撮れたと喜ぶべきなんでしょうね(笑

撮影した列車で栃木駅まで最後の吊掛サウンドを楽しんで、今回の撮影は終了にしました。お別れに、引上げ線からに入線してきた姿を納めました。
画像


関東の大手民鉄では最後の吊掛式旅客車を見て、乗るのも今日で最後となりました。
また、「一つの時代」が過ぎ去ってしまったようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
吊り掛け駆動の電車も、関東大手私鉄からお別れですね。私は吊り掛け電車天国の、阪急千里山線を見て育ちましたが、やはり興味の対象でした。単なるボロ電であった100系が名車だと知ったのは、廃車後数年経ってからでしたね。また、万博前夜の大阪地下鉄1号線の在来車が、停車する時にもモーターの音がしていたのが不思議で、摩擦ブレーキの阪急と違う印象がしました。何しろ4歳になる直前の子供の記憶ゆえ怪しいものですが、後年電気制動と知って記憶は正しかったと独りで満足しました。
マユ35
2006/12/17 13:36
車体を載せ換え、冷房化までした5000系シリーズもついに終焉を迎えました。
車体の年齢だけ考えれば、カルダン駆動の8000系の方がお年寄りの車が多いのですが、足腰の年齢には勝てなかったようです。
阪急100系は見たことも乗ったこともありませんが、その存在を知ったのは、確か正雀に保存すると言う記事が鉄道ファンに掲載されたのを読んだのが最初でした。
「こんなチョコレート色の電車なら、南武線とかで見られるのに」
と私も不思議に思いました。実は「対『燕号』用」造られた名車と知ったのは高校生ぐらいだったでしょうか?(汗
今回の撮影の対象とした5160Fはギヤの調整が上手かったのか?期待したほどの轟音が無かったのは残念です。でも、ゆらゆらとした乗り心地のFS10台車に揺られて帰途に付けたのは幸せでした。
ズームカー
2006/12/17 21:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
東武最後の吊掛車 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる