お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 一つの歴史の区切り

<<   作成日時 : 2006/11/06 00:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

折角の3連休でしたが、ブーメランのように戻ってきた風邪のために二日間を潰してしまいました……(涙
3連休最終日にやっと復調しました。その最終日に友人と約束していた「早稲田理工学部 職員鉄道模型同好会」の最終運転会を見に行ってきました。
画像


展示運転会と言うのは難しいもので、自分たちが好きな車両をガンガン走らせて、それを見てもらうのが殆どですが、この同好会は「見せる運転会」をする数少ない同好会でした。前の職場にいた同僚が参加しているので、毎年見に行ってました。
概ね1時間を1サイクルとしてダイヤを組み、スケールスピードを守りながらの運転で、見ている人の目を楽しませてくれました。子供が正に食い入るように眺めています。
画像


1サイクルの運転が終わると、客レ,貨レを牽引する機関車を入換えたり大変ですが、その合間を縫って、本物と同じような運転台セットで、模型の運転差をさせて貰えると言うサービス振りです。
画像


展示運転のハイライトは往年の碓氷峠を髣髴とさせてくれるEF63付きの「あさま」と、客レ。ちゃんと引上げ線から出てきたEF63が駅構内で連結・解放をしています。
画像


32年間も続けてきたと言う同好会ですが、残念ながら11月5日の展示運転を最後に、早稲田大学学園祭での展示運転を終了となりました。最後の運転の後は、最後のご挨拶と花束贈呈で締めくくられました。
画像


長い間ご苦労様でした。と言う思いと、願わくば学園祭での展示は無いとしても、他のイベント等で活動を続けてもらえればと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
一つの歴史の区切り お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる