お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 塗装ブース

<<   作成日時 : 2006/09/21 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

塗装ブーズを導入しました。その使い勝手ですが、効果は確かにあります。でも16番サイズの模型を塗装するとなると吸引力が不足気味です。やはり趣味用のブースなんだなと…。
ブーズに向けるようにしてスプレーしてみたのですが、吸引力不足のため吸引しきれない分が逆流してくるのが分かりました。
周囲にダンボールで囲いをつけてみたのですが溢れた分がやはり逆流してきます。窓を開け広げて、扇風機で微風を送り込むことで、やっと部屋に充満しない程度までは改善されました。屋外の刺激臭は緩和されたか?判定できませんでしたが(汗

今回の塗装作業では、「中央堂模型」さんで入手した小田急2100系のクリア吹き付けと、床下や、小物部品の塗装をしてみました。

まずは床板で、床下機器(といってもHL制御車のパーツで代用)をエポキシ系接着剤で床板に接着します。
画像


そしてこれにプライマーを吹き付けました。
画像


乾燥したら、黒色を吹き付けます。同じ要領で小物パーツも塗装します。
画像


尾灯の赤レンズが先に接着済みでしたので、プラ用クリアのスプレー缶でクリアを吹き付けて、併結予定の「まゆ模型」さん製小田急1600形と光沢を揃えました。
画像


通風器の位置が塗り分け位置にかなり接近しているため、クリアを吹き付けた後に、屋根を艶消しグレーで再塗装しました。色調も少し明るめに変更しました。

小田急はここで小休止して、次は阪神ジェットカーの擬・内装工事に入ろうと思っています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
塗装のブースの設置のおかげで、屋内塗装も可能になりましたね。溶剤の匂いが外に拡散されるのは変わりありませんが・・・。オ○ムのサティ○ンみたいに煙突を建てると通報されそうですが。私は、業務用の換気扇を使っています。これは家庭用と形は同じですが、羽根が鉄板製となっています。当初、フィルターを掛けていましたが、すぐに目詰まりしてしまうので取り外しています。反対方向の窓を少し開けて風を流すのが良いですね。
マユ35
2006/09/26 07:50
マユ35様
ありがとうございます。
とりあえず、近所から苦情が来ていないので成果はあったのかな?と(笑
模型専用の部屋でもあれば、ちゃんとした塗装ブースをせっちすることも出来るでしょうけど……。
ズームカー
2006/10/02 22:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
塗装ブース お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる