お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 結局

<<   作成日時 : 2006/09/02 00:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

資料が少なく、パンタ周りがどうなっているのか分からない山陽700形。とりあえずパンタ取付位置をケガいて、パンタ台と歩み板を半田付けします。方法は玉電150形と同じです。
その後に見つけた雑誌の写真を目を凝らして見ると、歩み板の形状が違うことが判明……(汗
ここまで組んでしまうと、歩み板をはがすのも面倒……。省略の美を目指していたのですが、パンタ配管表現を追加して、誤魔化すことにしました(滝汗
画像


パンタ配管が無くても、電車らしく見せられればと考えていたのですが、間違えを誤魔化すために邪道那方法で回避することにしました。でも考えてみれば「関東人が作る関西電車」と言うことで逃げる手もあったような……。

さてお顔のほうですが、窓の縦寸法が不足気味で小田急1800に見えてしまう嫌いがあったので、結局下辺をゴリゴリ削って拡大してみました。
画像


これで山陽電車らしくなったと自己満足しています(笑
車側灯とか、窓保護棒は省略して、スッキリとまとめてみた”つもり”です。
画像


今回は2両編成で完結するのでMPギアを使うには勿体無く、かと言ってパワトラでは耐久性に心配があります。折角の吊掛け電車なのでインサイドギアを動力に使用してみようかと考えています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
結局 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる