お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨樋貼り(その2)

<<   作成日時 : 2006/07/05 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

レール方向の雨樋が貼り終わったので、今度は枕木方向の雨樋を貼り付けます。
キットの説明書には5001系とは全く関係の無い8000系の側面図があるだけで、枕木方向の雨樋の位置が分かりません。そこで写真判定。無線アンテナの前を通っているのが分かりましたので、張り上げ屋根のオデコと合わせて考えると、ちょうどお面と本体の継ぎ目あたりが良さそうです。細かい半田埋めのホールを隠すのにもちょうど良いので、この位置にしました。
関西に住んでいれば現車を見に行くのですが、それも出来ないので、勝手にこの位置にしました。間違っていても、「関東人が作る阪神電車だから」と言い訳が出来ますし(笑

さて、いつも通りマスキングテープで仮止めして、真鍮線を半田付けします。
画像


短い線ですので、あっと言う間に終わりです。
画像


続いて連妻よりにも真鍮線で水切りを半田付けします。
画像


あとは余分な半田をキサゲすれば終了。大分それらしく見えるようになってきました。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
今から18年前に、8011系のキットを組むために、山電の須磨浦公園まで行って、留置線に停車中の車両の屋根を土手から撮影したことがありました。今から思えば結構危なっかしい足取りでしたが・・・。屋根をじっくりと撮影するには停車中を狙わないとならないし、阪神電車には跨線橋といった気の利いたものもありませんので、どうしても山電へ遠征してしまいました。
マユ35
2006/07/06 09:12
マユ35様
レスが遅くなって申し訳ありません。
8011系も新しい車だと思っていたんですけど、もう21年も前に出た車なんですね。数年前に再販されたキットがフジモデルさんにあって悩ましいのですが…(苦笑
屋根上の資料ってなかなか無いので調べるのに苦労します。最近はネットで調べられたり出来るのですが、阪神電車って高架線やら地下を走るので資料が皆無に近く困ってしまいます。それでも山陽電車の区間まで行けば分かるのですね。う〜ん関東人には遠すぎです(苦笑
調べている最中は夢中なので気が付きませんけど、後で考えると怖い事をしていたという事は私も経験あります(汗
ズームカー
2006/07/09 00:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨樋貼り(その2) お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる