お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨樋取付

<<   作成日時 : 2006/06/28 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

ちょっとずつ進めている阪神電車。梅雨の時期で塗装に適さないという事もあって、ペースがゆっくりです。果たして阪急に合併される前に完成するか?心配です(笑
床板の加工が終わって、まずは床板を取付けて完全に箱状にして強度を持たせます。
画像


後は先頭妻の余分半田をヤスリとキサゲ刷毛を利用して除去します。ヤスリ掛けは枕木方向にかけるようにしています。一方向に決めたらその方向でのみヤスリ掛けするのがコツです。
キサゲが終了すると、阪神電車らしくなってきました。
画像


東武8000系のキットに付属していた雨樋取付治具が有効に使えそうなので、これを使って雨樋用の真鍮線を仮止めします。
画像


後は半田を流すだけです。
画像


この車は、先頭妻と本体の継ぎ目あたりがちょうど枕木方向の水切り位置と合うので、継ぎ目隠しにちょうど良いみたいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日、納品で神戸へ行った折に阪神電車の人となりました。5001系をはじめとする普通車系は、夜の9時を過ぎると2両編成で走っていましたね。また、伝法線でも2両の運用が見られました。これは模型としては手ごろな編成です。小学生の頃は日中でも3両編成でしたが・・・。最近の4両固定はどうも戴けません。完成が楽しみです。
マユ35
2006/06/30 07:47
4両固定編成化されてあっさりとしたお顔に整形された今の普通車系は味気ないですね。
比較的近年まで本線を2両編成走っていたというのは本で読みましたが、その姿を見たかったです。2両固定編成時代は幕ではなく、板をぶら下げて、しかもジャンパー線等が付いてにぎやかなお面なのが魅力的です。
2両でお手頃編成にしたい所ですが、競作仲間に
「自分は自作で6両も作るのに、キット組立で2両はズルイ」
と言われそうなので、2+2とする予定です。
秋頃に完成すればいいかなと思っています。
ズームカー
2006/07/02 00:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨樋取付 お気楽・極楽「鉄分」たっぷりな趣味/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる